父親を介護し続けた長女に3,000万円を要求…次女の驚きの行動

1年で137万通りの相続が発生し、多くのトラブルが生じています。当事者にならないためには、実際のトラブル事例から対策を学ぶことが肝心です。今回は、父の介護を一人でした長女と何も事情を知らない次女の間で起こった相続トラブルです。


この記事は約7分で読み終わります。

 

 

年間約137万人の方が亡くなり、このうち相続税の課税対象になるのは8.8%の1万2000人超といわれています(2020年)。しかし課税対象であっても、なくても、1年で137万通りの相続が発生し、多くのトラブルが生じています。当事者にならないためには、実際のトラブル事例から対策を学ぶことが肝心です。今回は、父の介護を一人でした長女と何も事情を知らない次女の間で起こった相続トラブルです。

母代わりを卒業した矢先にさらなる不幸が……

【登場人物】
A美さん…3人きょうだいの長女
Bさん…3人きょうだいの次女
Cさん…3人きょうだいの長男

 

都内に住むA美さんは、三人きょうだいの長女です。A美さんは高校生のころ、母を病気で亡くしました。次女は小学生、末っ子の長男はまだ幼稚園生だったため、仕事で不在であることが多い父に代わり、A美さんが家事のすべてをこなしました。次女、長男が高校生のとき、毎朝、お弁当をつくって持たせていたのもA美さんでした。

A美さん自身も仕事で忙しくしながら、母の代わりとしても奮闘していた日々。次女や長男が社会人になり、実家を離れるまで、自分自身のプライベートなことは、まったく考える暇もなかったそうです。

「まわりの友人が次々と結婚していたのに、私は自分のことを考える余裕などなくて……。すっかり婚期を逃しちゃいましたね」と笑いながら話すA美さん。そのころ次女や長男は、職場で出会った同僚と結婚。それぞれ夫の都合で次女は関西へ、長男は海外で暮らすようになっていました。

「私も良い人、見つけないと!」と、A美さん自身も将来のことを考え始めていた矢先、還暦を前にした父親が交通事故に遭うという悲劇に見舞われます。幸いにも命に別状はありませんでしたが、事故の後遺症で杖なしでは歩行は困難になりました。

「いまの家だと、暮らしにくいよね……」

そこでA美さんは思い切って実家をリフォームします。父が移動するのに便利なように、バリアフリーにリフォームしました。献身的な長女に感謝の言葉をどんなに尽くしても足りないと恐縮する父親に、「大丈夫よ。これで私がおばあちゃんになっても安心ね」とA美さん。自身のことは二の次に、体が不自由な父を支え続けました。

歩行ができなくなったからか、父親は体が弱くなり、体調を崩すことも徐々に増えていきました。70歳を前にして亡くなりました。

10年以上も、父親を介護しながらの仕事を両立させる生活は、はた目から見ても大変なものでした。しかしA美さんは「母の分まで、父に親孝行できたので幸せでしたよ」と振り返ります。

実家の価値が1億円と聞いた次女が起こした行動

当時、次女は関西、長男は海外で暮らしていたので、実家を訪れるのも1年に1回あるか、ないかという状況。父の葬儀がきっかけで、三きょうだいが久々に揃ったのです。

長女「こんな機会、いつになるか分からないから、今のうちにお父さんの遺産についてお話しておきたいの」

次女「そうよね。今のうちに決めておきたいよね」

長男「で、お父さんの遺産っていうのは?」

父親が遺したのは、実家と1,000万円ほどの貯金でした。

長男「家は、お姉ちゃん(長女)だよね。このまま住むでしょ、ここに?」

長女「できることなら、そうしたいわ」

長男は次女に対して「そういうことでいいね」と同意を促し、次女は「そうね。この家はお姉ちゃん(長女)に、でいいと思うわ」と答えました。

長女「ありがとう、ふたりとも。じゃあ、貯金はふたりで半々に分けるというのはどう?」

次女「お姉ちゃん(長女)は?」

長女「いいのよ。私はお父さんとお母さんの、この家に住めたら、それでいい」

長男「それじゃ、貯金は2人で半々ね」

こうして、自宅はA美さん、貯金は500万円ずつ次女と長男で分けることになり、遺産分割は終了となるはずでした。しかし関西の自宅に戻った次女は、モヤモヤした気持ちが収まらずにいました。

「お姉ちゃん、遺産もらいすぎじゃないかしら……」

実家のあるのは、都内でも人気のエリア。最近、東京では地価があがっていると聞くから、実家だって結構な額になるはず。

次女の家では教育費がかさんでいたため、遺産は、もらえるものなら多くもらいたい、というのが本音でした。ためしに実家がどれくらいの価値があるのか調べたところ、なんと1億円ほどになることが判明しました。

 

 

それから1週間後、A美さんのもとに、次女から頼まれたという弁護士から連絡が入りました。遺産分割をやり直し、次女は父の遺産として3,000万円を要求するという内容でした。突然のことに驚いたA美さん。

「まさか、うちで遺産争いなんて……」

その後、次女のもとに連絡をよこしたのは、長男です。

長男「ちょっと、遺産分割のやり直しのために弁護士を依頼したって、どういうこと?」

次女「旦那からいわれたのよ。身内とはいえ、こういうことは弁護士にお願いしたほうがいいって」

長男「だからって、弁護士に頼むことじゃないよ」

次女「だって、実家の値段、知っている? 1億円超えるのよ。それに対して、私たちがもらえる遺産はたった500万円。どう考えても不公平じゃない」

長男「でも、あの家にどれくらいお金かかっているか知っているの?」

次女「えっ?」

長男「お父さんのためにリフォームしただろう。あのお金、全部お姉ちゃんが出したんだよ」

次女「えっ、お父さんが出したんじゃないの?」

長男「違うよ! それに毎日の生活費とかも、お姉ちゃんが払っているはずだよ。実家をもらっても足りないくらいだよ」

次女「そんな……」

事情をまったく知らなかった次女。弁護士への依頼は取り下げ、すぐにA美さんに謝りに行ったといいます。

【専門家の解説】大きく2種ある遺言書…作成するなら「公正証書遺言」

今回の事例のように、親と同居している子が親の介護を一手にしていた場合、その親が亡くなったときに相続分をどのようにするか、介護をした相続人と介護をしなかった相続人との間で揉めてしまうことはあるかと存じます。とくに、残された現金が少なく、相続財産の価値のほとんどが同居していた不動産だった場合にはさらに揉めることとなるかもしれません。

亡くなった方が遺言書を残してくれていれば良いのですが、遺言書がない場合、遺産分割協議をして相続財産を分けますが、介護をしていた相続人が、介護をしなかった相続人より多く相続財産を取得することとなったとしても、他の相続人に相続分を分配するために不動産を売って現金に換える必要が出てくる場合があります。このような事態になってしまうと、親と同居していた家にそのまま住もうと考えていたA美さんのような方だと、大変困った事態になります。

このような事態を避けるためには、介護をしてくれた相続人に不動産を相続させる遺言書を残しておくのが一番良い方法です。

遺言書を作成する場合には、公正証書遺言を作成することをお勧めいたします。公証人に依頼することとなるので費用は掛かりますが、解説にあるとおり、偽造・変造のリスクがないことと、紛失の可能性がないことが挙げられます。また、法律のプロである公証人が関わるので、遺言書に不備がないことも挙げられます。

ご自身の大切な家族が自分の死後に不毛な争いを起こさないためにも積極的に遺言書を作成されることをお勧め致します。

 

加陽 麻里布
永田町司法書士事務所 代表司法書士

司法書士合格後、司法書士事務所で実務経験を積み、2018年に独立。永田町司法書士事務所を設立する。
業界“ファーストクラス”を基本理念に、依頼者のビジネスと日常を有利にするために日々邁進中。
執筆活動にも積極的で、媒体を問わず精力的に活動している。
永田町司法書士事務所(https://asanagi.co.jp/)