人口減少にも負けない!工務店生き残りのための4つの戦略

地元に寄り添って、経営を続けている工務店にとって、地元の人口の減少は大きな問題です。人口が減ると、それだけ建設に関する仕事が少なくなってしまうからです。では、工務店はどのような対策をしていく必要があるのでしょうか。 ここでは、人口減少にも負けない工務店の生き残り戦略を4つ紹介します。


この記事は約7分で読み終わります。

工務店生き残り戦略① 組織の若返りと人材育成

工務店が生き残っていくためには、組織の若返りや人材育成が必須です。そのためには、次世代を担う人材を確保しなくてはなりません。

若手の採用

組織の若返りは急にできるものではありません。そこで、時間をかけて組織の若返りを行っていきます。

まずは、若手の採用が必須です。今後も継続して質の高いサービスを提供できるように、新卒や第二新卒の人材を積極的に採用し、その人材に技能の教育を行っていく必要があるでしょう。また、女性も採用することで、男性社員とは違う発想を会社やサービスに取り入れていくことができるようになります。

魅力ある会社作り

日本の総人口が減少を続けるなかで企業を成長させるためには、優秀な人材の確保が急務です。
優秀な人材を確保するには、新しい人材を積極的に採用するとともに、既に会社で働いている優秀な人材の流出を防ぐ必要があります。

そのため、新入社員にとっても、既存の従業員にとっても魅力のある会社作りをすることが、人材確保のうえでは重要だといえるでしょう。特に若い世代から魅力的に見える会社でなければ、育成すべき人材そのものが入社してきません。

では、魅力のある会社とはどのようなものでしょうか。工務店の場合は、働き方が重要となります。たとえば、「正当な報酬を支払うこと」や、「柔軟な勤務制度を導入すること」は基本です。新しい人材が確保しやすくなるだけでなく、会社で働いている人材の流出を防ぐこともできます。

また、女性が働き続けることができれば、人手不足の解消が期待できます。結婚や妊娠・出産で退職しなくてもよい環境を整えること、女性技術者や管理者としてキャリア形成ができることを示せば、女性社員の退職を防止するとともに、その能力を存分に発揮してもらえるメリットがあります。

目次へ

工務店生き残り戦略② 商品力の強化

企業が生き残っていくためには、魅力のある商品やサービスの提供が必要不可欠です。これは、工務店でも同じです。魅力のある商品やサービスの提供をするためにも、価格やデザインだけでなく、商品力を強化しなければなりません。

では、「工務店における商品力の強化とはどのようなものなのか」について、具体的な例を紹介します。

地域性に特化した商品設計

工務店では、地域と密着した戦略を練ることで、魅力ある商品設計をすることができます。たとえば、高齢化エリアであればバリアフリーのリフォームやリノベーションなどの商品を設計すれば、需要は伸びるでしょう。

また、核家族が多いエリアなら、その層に向けた住宅建築を行ったり、に二世代家族で住むことが多い地域であれば二世帯住宅をメインとした住宅建築を行ったりするなどの商品設計を行います。

このような地域性に特化した商品設計は、大企業の工務店では不得手な分野です。中小の工務店で、まだ地域性に特化した商品設計を行っていない場合は、早急に商品設計を行うことが、競争力の強化につながります。

機能性の高い住宅

付加価値のある住宅を求める消費者のニーズの変化や、環境問題への意識の向上、災害の多発などによる社会情勢の変化などが原因で、機能性の高い住宅の需要が増加しています。

そのため、地域に密着した工務店であっても、機能性の高い住宅の提供に力をいれていくべきでしょう。機能性の高い住宅とは、たとえば、冷暖房効率の良い高断熱・高気密の住宅や、太陽光エネルギーを活用する省エネ住宅などが挙げられます。

また、災害に強い、耐震性、耐火性、高耐久の住宅も人気があります。機能性の高い住宅には補助金や助成金の制度があったり、税制の優遇が受けられたりするなどのメリットもあります。補助金や助成金の制度や税制の優遇制度に対する知識のある人材を育成し、顧客に対するセールスポイントとすることも重要です。

充実したアフターフォロー

商品力の強化には魅力のある商品の提供だけでなく、付加価値のあるサービスの提供も重要です。特に工務店の場合は、付加価値のあるサービスの提供こそ、同業他社との差別化がしやすく、競争力を強化できるといえます。

たとえば、建築後の顧客宅の定期点検や診断などのアフターフォローの充実です。アフターフォローを行うことで顧客からの信頼を得られ、地元の人に地域密着の企業であるイメージを定着させることができます。また、アフターフォローを丁寧に実施することで、インターネットなどでの口コミ効果が狙え、それが企業のイメージアップにもつながります。

目次へ

工務店生き残り戦略③ チラシやウェブサイトでの集客

今までの工務店は、どちらかというと「家を建てたいお客さんが訪問してくるのを待つ」といった受け身の会社も多くありました。しかし、これからの工務店は、自ら積極的に集客をする必要があります。積極的な集客には、チラシやウェブサイトを利用しましょう。

地方ならチラシが効果的な場合も

チラシというと、昔ながらの集客方法と考える人もいるかもしれません。しかし、地域によっては、まだまだ効果の高い集客方法です。たとえば、インターネットを使いこなしていない高齢者の世代が多く住む地域では、チラシも重要な情報源となります。

また、チラシで積極的に広告を出すことで、その地域に住む人に自社の存在と地域密着型の工務店であることをアピールできるでしょう。

古いウェブサイトはリニューアルする

若い世代の集客を増やすためには、インターネットに情報を記載することが必須といえます。それは、若い世代はインターネットで、住宅情報などを検索することが多いためです。

工務店の中には、会社のウェブサイトを作ったものの、まったく更新していない会社がたくさんあります。これでは、ウェブサイトを持っていることが逆効果です。昔の情報ばかりで古臭い、表示に時間がかかる重たいウェブサイトは使いづらく、顧客がサイトを見るのを止めてしまうでしょう。

また、今の若者はスマートフォン検索機能で情報を収集しています。スマートフォンに対応していないウェブサイトの場合は、そもそも若い世代の目が届かず、効果がないといえるでしょう。

そこで、古いウェブサイトはサービス内容や施工事例などがわかりやすく確認でき、問い合わせしやすい設計のウェブサイトへリニューアルすることをおすすめします。そして、更新頻度を高くすることで、ウェブサイトを見ている人に信頼と安心感を与えることができるでしょう。

目次へ

工務店生き残り戦略④ 不動産業への進出

事業の生き残り戦略のひとつに他の事業へ進出する方法があります。工務店と近い業界として、不動産業界の進出も検討してみてはいかがでしょうか。

ここからは、不動産業界への進出方法について例を挙げて紹介します。

移住者あっせん

工務店の不動産業界への進出方法のひとつに、地域への移住者のあっせんがあります。都心などで生活していたが、リタイア後の移住先を探している人や、若い世代で田舎暮らしをしたい人などをターゲットにします。

不動産業の仕事である移住先の土地や空き家探し・売買契約、工務店の得意分野である注文住宅の設計・建築、空き家リフォーム、リノベーション、居住後のアフターケアまで、移住者を包括的にフォローします。

移住者と、地元の土地を売りたい人や貸したい人とのマッチングをすることで、収益を得ることもできるかもしれません。また、移住者が増えれば地域の活性化にもつながる可能性があり、社会貢献度も高い事業だといえるでしょう。

不動産投資

もうひとつの不動産業界への進出方法が、不動産投資です。工務店で不動産を所有し、入居者に賃貸することで家賃収入を得ます。不動産投資をする場合は、地方だけではなく、東京都心の物件を所有して賃貸した方が、安定した収益を得ることができるでしょう。

最近の東京都心の不動産投資では、「区分所有権オフィス」が投資家から注目されています。

区分所有権オフィスとは、オフィスビル一棟ではなく、フロアごとに区切った1区分のみを購入して賃貸するオフィスのことです。購入資金が低く抑えられるため、新規参入のハードルの低さがメリットです。

また、オフィスであるため、個人ではなく法人に賃貸します。法人への賃貸は賃料が高く、空き部屋リスクも少ないため、収益を安定化させやすいメリットがあります。

目次へ

まとめ

人口の減少は、工務店に大きな影響を与えます。人口が減ると、それだけ住宅などを求める人が減少するためです。そのため、現在では多くの工務店が生き残り戦略を考える時期だといえるかもしれません。

生き残り戦略の手段には商品やサービスの設計・開発などが考えられますが、不動産業界への進出にも一考の余地があるでしょう。

今回紹介した不動産投資を行う場合は、収益が安定している区分所有権オフィスがおすすめです。タマホームでは、経営戦略に役立つ区分保証オフィス™を行っています。不動産投資をお考えの場合は、ぜひ一度ご相談ください。

タマホーム㈱では、ご自宅で顔を見ながら商品説明、ご商談ができる、オンライン商談を導入致しました。
お客様のご準備として、パソコン、タブレット、スマホどれでも可能です。
音声は電話で、画像は双方のデバイスで共通の画面を見ながらお話ができます。一度、お試し下さい。
ご予約、お問い合わせは当ホームページ「お問い合わせ」よりお願い致します。