不動産の「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」について

個人や法人が本業以外に利益を得る方法のひとつに挙げられるのが、不動産投資です。これは不動産の所有などに関連する投資のことで、その収益は2種類あります。それぞれどういったもので、安定性を求めるならどちらの収益が有効か、詳しく解説していきましょう。


この記事は約6分で読み終わります。

不動産におけるインカムゲインとキャピタルゲインの違い

不動産投資による収益には、「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」の2種類があります。それぞれ、どのような特徴を持った収益なのでしょうか。

 

インカムゲインは「運用益」

インカムゲインとは運用益のことで、資産の保有によって継続して得られる利益のことを指します。賃貸用の不動産を保有する、不動産投資のインカムゲインは家賃収入です。

 

実質的な利益は、家賃収入から修繕費などの不動産を維持するための運営費用を差し引いた金額なので、大きく利益を上げることはできません。しかし、使用者がいる限り継続的な収入を得ることが可能です。

 

キャピタルゲインは「譲渡益」

キャピタルゲインは、譲渡益です。不動産投資では、不動産を売却したときの利益を指します。実際には、不動産を購入するときに費用がかかっているので、売却時の価格から購入時の価格を差し引いた金額が実質利益です。

 

通常、建物など経過年数とともに価値が下がっていくものは、所有する期間が長ければ長いほど損失が出やすくなってしまいます。そのため、不動産投資のキャピタルゲインのうち、大部分を占めるのは建物ではなく、土地の価格です。

 

こうした土地価格の高騰を利用して、バブル期はキャピタルゲインを活用した不動産投資が活発に行われていました。しかし、現在の社会情勢は当時と大きく変わっています。

 

不動産投資でキャピタルゲインを狙うには、価値の上がりそうな不動産を見つけなければならなりません。また売却のタイミングも重要です。こうしたセンスが必要な部分もあり、キャピタルゲインで安定した収入を上げ続けることは、ほとんどできません。

 目次へ

不動産投資なら安定性の高いインカムゲイン

一回当たりの利益であれば、キャピタルゲインの方が大きな利益を得られる可能性はあります。しかし、キャピタルゲインは本業の人が運用しない限り、継続的に発生するような性質の収益ではありません。購入した不動産や売却のタイミング次第では、損をすることもあるでしょう。

 

一方、一回当たりの利益は少ないものの、継続的に利益が上がるのがインカムゲインです。家賃収入は物件価格ほど上下しないため、収入の安定性もあります。安定的な収入を目指すならインカムゲインを目的にした不動産投資がおすすめです。

 

また、将来的に不動産を売却するにしても、物件価格が上がったタイミングを待つので、売却までに時間がかかることも少なくありません。キャピタルゲインが目的であっても、不動産の所有中はインカムゲインで継続的に収入が得られるようにしておくことをおすすめします。

 

そして、もうひとつ注目したいのは、不動産投資によるインカムゲインが長期的な資産運用と相性が良いことです。個人なら老後のため、法人なら将来の設備投資などのための資産運用にも活用できます。

 目次へ

区分所有権オフィス投資で安定資産形成

不動産投資の対象不動産には、さまざまな種類があります。区分所有権オフィスもそのひとつです。では、安定資産形成のための区分所有権オフィス投資とはどんなものなのでしょうか。

 

注目されている区分所有権オフィス

不動産投資といえば、これまでマンションやオフィスビル一棟すべてを買い上げて投資に回す方法が一般的でした。しかし、ビル一棟を所有するには多額の購入費用がかかり、災害リスクも多大にあります。そこで注目されているのが、区分所有です。

 

区分所有権オフィスとは区分所有の一種で、オフィスビルのフロアを所有して運用する不動産投資を指します。投資家はオフィスビル一棟ではなく、フロアごとに不動産を購入し所有することが可能です。

 

区分所有には、個人向け物件である区分マンションと法人向け物件である区分所有権オフィスに分かれます。区分所有権オフィスは賃借人が法人であるため、より安定した収益を得ることができます。

 

なぜなら、法人は個人よりも長期の入居が見込まれるからです。また、一棟所有の場合と比較しても、フロア単位で所有する区分所有権オフィスは購入資金を抑えられ、売りたいタイミングで買い手が付きやすいメリットがあります。

 

サブリースなら安定収入が確約

不動産投資のサブリースとは、不動産会社が所有者から物件を一括で借り上げて入居者を募集し、貸し出すしくみです。所有者は物件の所有権を維持したまま、不動産会社に管理を任せます。その見返りとして、家賃収入の一部を一定額あるいは一定率、不動産会社に支払うのです。

 

サブリースの大きな特徴ともいえるのが、家賃保証でしょう。これは、空室や家賃の滞納で家賃収入が入ってこない状況に陥っても、不動産会社が契約時の家賃収入を所有者に保証し、支払うシステムです。通常、空室や入居者の家賃滞納があれば、家賃収入が入りません。サブリース契約では、そうした家賃トラブルや空室のリスクを回避できるのです。

 

さらに、退去や入居者とのトラブルも不動産会社が対応するので、所有者が介入する必要がないのもメリットです。

 

タマホームのサブリース事業

タマホームでは、不動産投資での効率を高めるご提案として、区分所有権販売事業を展開しています。

 

区分所有権販売事業は区分保証オフィス™の販売事業で、東京都心5区に所在する中規模オフィスビルのフロアを所有頂けます。そのため、ニーズの高い物件で区分保証オフィス™による不動産投資をすることができます。さらに所有された区分保証オフィス™はタマホームとサブリース契約を結んで頂くことで、安定した不動産収入を実現します。

 

タマホームのサブリース事業の安定を支えているのは、高い稼働率です。2019年4月現在の稼働率は99%で、安定的かつ所有者様も納得いただける賃料にてご提案しています。サービス開始からサブリース受託物件は右肩上がりに増え、今も成長を続けている事業です。

 

このように、タマホームでは不動産投資のリスクや管理などの手間を軽減できる事業を展開しています。

 

また、不動産のノウハウを活かして、今後大開発によって空室率が上がると予想されている築年数の長い都内オフィスビルの所有様にも多様な運用が選択できるよう、サービスを展開中です。空室リスクなどを心配せず、管理をすべてタマホームにお任せください。

  目次へ

まとめ

不動産投資による収入は、インカムゲインの家賃収入、キャピタルゲイン不動産譲渡収入に分けられます。不動産価格が安定しない近年の不動産投資は、インカムゲインが主流です。

 

継続的に安定したインカムゲインには、適切でかつ、安定性の高い不動産の所有が重要となります。そうした不動産投資をサポートするのが、区分保証オフィス™を対象としたタマホームの区分所有権販売事業です。

 

希望する不動産投資に合わせて、便利なサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

タマホーム㈱では、ご自宅で顔を見ながら商品説明、ご商談ができる、オンライン商談を導入致しました。
お客様のご準備として、パソコン、タブレット、スマホどれでも可能です。
音声は電話で、画像は双方のデバイスで共通の画面を見ながらお話ができます。一度、お試し下さい。
ご予約、お問い合わせは当ホームページ「お問い合わせ」よりお願い致します。