Latest Posts新着記事

相続戦略

終活の一環として相続税対策を実行する方が増えています。親族にできるだけ多くの財産を残したい場合に、非常に有効な節税対策となるのが不動産投資です。この記事では、不動産投資のリスクについても触れながら、低リスクで節税効果が高い投資法について詳しく解説します。

相続戦略

財産を所有する人が亡くなると、親族などの相続人がその財産を引き継ぐこととなります。しかし、財産を相続すると、その相続財産の価値に応じて相続税を納めなければなりません。 では、相続税の課税対象となる財産には、どのようなものがあるのでしょうか。相続税の課税対象となる財産を知ることで、相続税の節税対策も可能になり、事業承継もスムーズに行えます。ここでは、相続財産の種類や節税対策について詳しく解説します。

相続戦略

相続する資産の価値が相続税の基礎控除額を超えると、相続税の納付義務が発生します。相続税対策とは、相続税の納付義務がある場合に、国の制度を利用して納税額を適切に抑えることです。 この相続税対策には不動産購入も含まれています。なぜ、相続税対策に有効なのか理由を解説していきます。

相続戦略

不動産投資は賃料収入と大きな売却益を得られる投資ですが、マンションや一戸建て、店舗などさまざまな種類に分かれています。中でも最近では、区分所有権オフィスにも注目です。 区分所有権オフィスは、オフィスビルの1フロア・1区画単位を購入できる物件の総称で、相続税対策にも活用できます。 ここでは区分所有権オフィス投資が、相続税対策という視点でも選ぶべき理由などについてご紹介していきますので、節税を意識している方は特に参考にしてみてください。