Latest Posts新着記事

不動産投資戦略

コロナ禍は、都心部の賃貸オフィス市場に多大な影響を与えました。一部ではオフィス不要論も聞かれましたが、コロナ禍が3年を迎えたいま、オフィス賃貸市場は構造的な変革期を迎えつつあります。

不動産投資戦略

新型コロナは私たちの暮らし方、働き方に大きな変化をもたらしました。政府は新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針として、在宅勤務、時差出勤、自転車通勤等、人との交わりを低減する取り組みを強く推奨しました。コロナは働き方改革を進めたのでしょうか。

不動産投資戦略

オフィスの空室率はコロナ流行後から上昇し始め、供給過剰の目安とされる5%以上を18カ月連続で上回っています。一方で、空室率も賃料も横ばいが続くオフィス需要が今後、どう動くのかを探ります。

不動産投資戦略

コロナ禍で在宅勤務やリモートワークが一気に普及しました。ここにきて「オフィス回帰」の現象が明らかになっています。その理由を探ります。

不動産投資戦略

人材の流動化が加速するなか、企業の離職率は年々上昇傾向にあります。特に若者の離職率は高く、厚生労働省の調査では、新規学卒 … 続きを読む オフィスで人を辞めさせない!離職率を下げる職場の造り方

不動産投資戦略

コロナ禍で当たり前になりつつあるテレワーク。多くのメリットがある一方で、コミュニケーションに課題を感じるケースが多くあり … 続きを読む インターネット上の会社にアバターが出社…次世代のオフィスのカタチとは?

不動産投資戦略

コロナ禍、多くの企業でテレワークを実施し、感染が落ち着いてきたなかでも在宅勤務を行う会社員は大勢います。そのような状況下 … 続きを読む 大手企業で削減の動き…もう「オフィス」は不要なのか?

不動産投資戦略

東京・都心の至る所で計画されている再開発。不動産の資産価値にも大きく影響するので、投資家にとっても注目です。今回は、東京 … 続きを読む 東急、小田急、京王…民鉄大手が主導「副都心・新宿/渋谷」再開発の行方

不動産投資戦略

東京・都心の至る所で計画されている再開発。不動産の資産価値にも大きく影響するので、投資家にとっても注目です。今回は、「東 … 続きを読む 「三菱」vs.「三井」…東京・再開発バトルで都心激変

不動産投資戦略

資産運用や相続対策のシーンで、その有効性から富裕層から支持を集めている不動産。一方で、昨今の不動産価格の高騰によって、投 … 続きを読む 不動産投資に小口化の波…大ブームの先、驚愕の未来図

不動産投資戦略

コロナ禍で行動が制限されるなか、多くの人がインターネット通販を利用しました。そのなかで議論されたのが「実店舗不要論」。実 … 続きを読む コロナ禍でECが拡大…もはや「実店舗」は不要なのか?

不動産投資戦略

2021年、東京都の転入超過数はマイナス5,433人となり、人口減を記録しました。そこで展開されているのは「大異変」、そ … 続きを読む コロナ禍で「都心離れ」はあまりに的外れだと言える理由

不動産投資戦略

投資物件としてオフィスの購入を検討する際、選択肢となるのが「一棟ビル」と「区分所有権オフィス」ですが、結論として現在利益を出しやすいのは、区分所有権オフィスです。その区分所有権オフィスの魅力は、どこにあるのでしょうか。注意点とあわせて詳しくご紹介します。

不動産投資戦略

企業価値向上に有効な戦略に「CRE戦略」があります。しかしCRE戦略とは何か、実施するメリットは何なのかわからないという方は多いのではないでしょうか。そこで今回は、コロナ禍における実例も交えながら、CRE戦略についてご紹介します。

不動産投資戦略

保有資産の分散など工夫をしていても、大きな利益を出せず、このままの投資を続けていいか悩んでいる方もおられるでしょう。利益を出すためには、ポートフォリオを定期的に見直さなければなりません。そのための具体策を解説し、有益な投資法をご紹介します。

不動産投資戦略

企業成長を促進させるためにストック型ビジネスをご検討中の場合、選択肢に不動産投資が加わることになるでしょう。東京で注目されている再開発エリアですが、このエリアに投資するメリットや注意点は何なのでしょうか。具体的な再開発情報に触れながら、有益な投資法をご紹介します。

不動産投資戦略

目に見える景気回復を実感できず、本業を支えられる新事業をはじめたいと考える企業や経営者の方は多いはずです。現在、重要視されているのは多角経営化ですが、その魅力や注意点とは何なのでしょうか。おすすめの新事業について触れながら解説します。

不動産投資戦略

不動産投資に興味をお持ちの方にとって懸念材料となるのは、新型コロナウイルスのような不測の事態や不況が訪れた際の影響ではないでしょうか。この記事では、コロナ禍・不況下における不動産投資への影響をお伝えするとともに、コロナ禍においても安心して投資できる物件をご紹介します。