Latest Posts新着記事

不動産投資戦略

アパートやマンション、オフィスなどへの不動産投資をお考えの方なら、サブリースや空室保証といった家賃保証サービスの利用を考える方も多いでしょう。しかし、一見すると似ているサブリースと空室保証ですが、それぞれの仕組みにはさまざまな違いがあるのをご存じでしょうか。 この記事では、サブリースと空室保証について、それぞれの違いや仕組み、ポイントをわかりやすく解説します。

不動産投資戦略

不動産投資は副業としても活用できることから、経営者にも人気のある投資方法です。しかし、空室リスクや家賃の未払いリスクもあり、安定した収入を得るためには建物のメンテナンスや適切な管理会社の選定などを行わなくてはなりません。 そこで注目されるようになったのが、個人と直接賃貸の契約を結ぶのではなく、不動産会社を介して賃貸契約を行うサブリースです。空室リスクの軽減をはじめ、サブリースにはさまざまなメリットがあります。 その一方で、サブリースには問題もあるともいわれています。近年、サブリースによるトラブルも増えてきています。 今回は、サブリースを利用する前に知っておくべき問題点と対処法について紹介します。

不動産投資戦略

地元に寄り添って、経営を続けている工務店にとって、地元の人口の減少は大きな問題です。人口が減ると、それだけ建設に関する仕事が少なくなってしまうからです。では、工務店はどのような対策をしていく必要があるのでしょうか。 ここでは、人口減少にも負けない工務店の生き残り戦略を4つ紹介します。

不動産投資戦略

不動産投資は、本業が忙しい事業者や副業がしたいサラリーマンなどにも人気の投資です。株やFXなどと比べた場合、ハイリターンは期待できないものの、長期的な安定収入を見込むことができる堅実な投資ジャンルだといえます。 ただし、ひとくちに「不動産投資」といっても、形態や目的の違いなどからさまざまな種類があります。種類が違えば、必要な資金や運用方法なども異なります。不動産投資で失敗しないためには、種類それぞれの特徴について理解しておくことが大切だといえるでしょう。 この記事では、不動産投資にはどのような種類があるのかについて紹介します。不動産投資を検討中の方は参考にしてみてください。

不動産投資戦略

昔から日本の経済を支えていたのが、製造業です。しかし、AI技術の開発や社会情勢の変動などにより、製造業を取り巻く環境には大きな変化が起こっています。製造業を営む会社が成長するためには、今後はこの変化に対応していかなければなりません。 そこで、今回は製造業の今後と、生き残り対策について解説していきます。

不動産投資戦略

人手不足をはじめとする人件費の高騰など、飲食店を取り巻く環境は、厳しくなりつつあります。提供するメニューによっては、他店との競争が激しいこともあるでしょう。そのような場合、今後のことを考えて、すぐにでも生き残りのための対策を行う必要があります。 そこで、今回この記事では飲食店の生き残り戦略を4つ紹介します。

不動産投資戦略

新型コロナウィルスは、日常生活だけではなく企業の経済活動や株式市場など、さまざまなところに大きな影響を及ぼしています。収束の目処が立つのはいつなのか、現在のところ先行きは不透明です。 人やモノの移動を大幅に抑え込む、実体経済の危機といわれている「コロナショック」ですが、今後は日本経済にどのような影響を与えてしまうのでしょうか。 今回は、コロナショックについて、特に影響の強い業種や株への影響を解説します。

不動産投資戦略

新型コロナウイルスが猛威をふるっている現在、さまざまな企業が経営の危機に直面しています。こうした中、「これを機会にこれまでの仕事の仕方を見直したい」と考えている経営者も多いでしょう。特に、得意先の一社にだけ依存度が高い事業の場合、一社依存のリスクを痛感しているのではないでしょうか。 この記事では、一社依存の危険性について解説します。また、そこから脱却するための具体的な方法についても紹介しますので、経営に携わっている方はぜひ参考にしてください。

不動産投資戦略

税理士は安定した職業だといわれています。しかし、税理士の中には業界の将来に不安を感じている方もいるようです。その理由は、「今後はAIなどの技術革新が税理士業界にも影響を与える」と考えられていることが大きいでしょう。 今回は、税理士が生き残るための対策について詳しく解説します。

不動産投資戦略

投資商品にはさまざまなものがありますが、特に安定収入を期待できるのが不動産投資という分野です。 しかしいくら不動産投資が安定しているといっても、まずは不動産業界の現状がどうなっているのか確認しておきたいと考えるのが普通です。 そこで、今回は不動産業界の現状や課題をふまえつつ、今後の不動産業界について考察を行ってみました。これから不動産投資を考えている方は参考にしてみてください。

不動産投資戦略

製紙業界は比較的安定しているといわれていますが、社会全体におけるペーパーレス化の進展やインターネットの普及、少子化などの影響で、製紙業界の今後を不安視する声があるのも事実です。 では、実際のところ、製紙業界の今後はどうなっていくのでしょうか。この記事では、製紙業界の今後を考えながら、成長戦略について紹介をしていきます。

不動産投資戦略

安定した収入が期待できる資産運用の方法として、「不動産投資」は有効な選択肢のひとつです。しかし、投資はメリットばかりではなく、当然ながらリスクもあります。人によっては「不動産投資はやめとけ」という意見を耳にしたこともあると思います。 では、不動産投資のリスクとは、具体的にどういったものなのでしょうか。この記事では、不動産投資をするうえで知っておくべきリスクを解説しながら、メリットについても紹介しますので、不動産投資をするべきか悩んでいる方は参考にしてみてください。

不動産投資戦略

近年、インターネットの普及によりメディアの在りかたが変化しました。特に紙媒体である新聞・雑誌・書籍の発行部数が減少したことは、印刷業界に多大な影響を与えています。 この記事では、「印刷業界の現状」と「今後の展望」、そして「印刷業界で生き残るための解決策」の3つについて紹介します。

不動産投資戦略

経営が順調であっても、将来に対する不安を和らげるために、何か対策をしておきたいと考えている経営者は少なくありません。そんなときに、法人保険を検討している人もが多いでしょう。 しかし法人保険は、メリットとデメリットをきちんと把握していないと損をする可能性があります。ここでは、法人保険について詳しく解説していきます。

不動産投資戦略

悪化した経営状態を改善する方法のひとつとして「販管費の削減」があります。経営の苦しい中小企業をはじめ、さまざまな企業が販管費の削減を検討していますが、単に削減するだけでは経営改善の助けにはなりにくいのも事実です。 今回は、営業利益を上げるための販管費の捉え方と、販管費削減方法について紹介していきます。

不動産投資戦略

Jリート(J-REIT)は、不動産を証券化した商品のことです。株と同じように市場で売買されているので、流動性が高く、小口で投資できることがメリットです。利回りも高く、市場規模も拡大傾向にあります。最近では不動産投資において、一般的な投資手法のひとつといえるでしょう。 では、Jリートのリスクはご存じでしょうか。ここでは知っておいて損のない、Jリートのリスクを解説していきます。

不動産投資戦略

空地を収益化する方法のひとつに、トランクルーム経営があります。「トランクルーム経営は利回りが良い」と紹介する運営会社も多く、会社員の副業としても注目されています。 しかしトランクルーム経営はマンション経営とは違った課題があり、集客に苦労する経営者がいるのも事実です。そこで今回は、トランクルーム経営の基本知識に加え、経営の失敗例についてご紹介します。これからトランクルーム経営に取り組む方は、失敗防止の参考にしてください。

不動産投資戦略

相続などで入手した土地から収益を得る場合、投資方法のひとつとして「コインパーキング経営」という選択肢があります。無人で経営できたり、土地の広さに合わせて駐車スペースを用意できたりと、比較的小さい規模からビジネスを始められる点が大きなメリットです。さらに、定年退職後における「年金以外の収入源」にもなります。 しかしコインパーキング経営にも、事業に伴うリスクは当然あります。そこで今回この記事では、コインパーキング経営をするために知っておくべきことについて、メリット・デメリットの両面から紹介していきます。今後コインパーキングの経営を考えている方は、ぜひ参考にしてください。