Latest Posts新着記事

不動産投資戦略

不動産投資を考える際、どの物件に投資したらよいのかと誰もが思うでしょう。物件を選ぶ際の目安のひとつが「イールドギャップ」です。イールドギャップとは、金利に注目した指標のことです。ここでは、不動産投資のイールドギャップの概要やその算出方法などについて徹底解説します。

不動産投資戦略

不動産投資は「ミドルリスク・ミドルリターン」で、他の投資商品より手堅い投資方法だといわれています。ただし、投資をする際はいくつかのリスクについても知っておかなくてはなりません。例えば、空室リスク、災害リスク、そして流動性のリスクなどです。特に不動産投資は流動性が低い投資商品といわれているため詳しく知っておく必要があるでしょう。 ここでは不動産投資をする上で知っておくべき「流動性リスク」とはそもそも何なのか、そして回避する手段があるのか、詳しく解説します。

不動産投資戦略

「リタイア後の生活に備える」など、将来へのリスクヘッジとして不動産投資や生命保険を検討する人は増えてきています。実は不動産投資と生命保険にはいくつかの共通点があります。では、不動産投資と生命保険には具体的にどのような共通点があり、またどういった違いがあるのでしょうか? この記事では、不動産投資と生命保険を比較したうえで、それぞれのメリットやデメリットについても解説します。

不動産投資戦略

REIT(リート)と不動産投資は投資の対象が同じ不動産ですが、その特徴には大きな違いがあります。ここでは、REIT(リート)と不動産投資、それぞれの特徴とメリット・デメリットについて解説します。

不動産投資戦略

オフィスビルは定期的な修繕を行うことによって、適切に維持管理することができます。しかし、オフィスビルの修繕費はどのくらいかかるのでしょうか? この記事では、オフィスビルにかかる修繕費の目安について、具体的に解説します。

不動産投資戦略

オーナーにとって、保有するオフィスビルをどのように管理するかは、経営的な視点からも重要なポイントになります。 ここでは、オフィスビルの資産価値を最大限に引き出すためのビル管理について、ビルメンナンス業務と入居するテナント管理業務の2つの面から紹介します。

不動産投資戦略

マンションやビルなど、不動産における「耐用年数」という言葉をご存じでしょうか。不動産投資を行ううえで重要なのが、金融機関の融資や税金の計算です。実は、その両方に大きく影響するのが耐用年数です。耐用年数を理解することは、不動産投資を成功させることにもつながります。 ここでは、不動産投資をするうえで知っておくべき知識のひとつである「オフィスビルの耐用年数」について詳しく解説します。

不動産投資戦略

自社ビルの建設費用は、どのように算出されるのでしょうか。マンション建設との違いも含め、その目安となる坪単価を紹介します。また、自社ビル所有のもう一つの選択肢として、区分所有権オフィスについてもあわせて紹介します。

不動産投資戦略

不動産投資を成功させるには、適切な資金調達を実現することが大前提です。なるべく有利な条件で融資を受けるためには、投資対象物件の選び方や、融資を受ける個人・法人の状況もポイントです。 マイホーム用の住宅ローンとの相違点や、ビル一棟投資よりも手頃な区分所有権オフィス投資の特徴にも触れながら、資金調達の基礎知識について解説していきます。

不動産投資戦略

不動産投資で利益を上げるための大切な要素の一つに、節税があります。節税にはいくつかのポイントがありますが、重要な要素として減価償却があります。ここでは不動産投資における減価償却について、その意味や計算方法などを説明し、減価償却がなぜ節税になるのかを解説していきます。

不動産投資戦略

近年、オフィスビルを対象とした不動産投資が注目を集めています。従来のマンション投資と比べて、より安定した収益が見込めるというのが大きな理由です。個人でも投資しやすくなったオフィスビルの区分所有ついて解説します。

不動産投資戦略

不動産投資による資産運用は個人でも行えますが、いわゆるプライベートカンパニーといわれる会社を設立して行うことも可能です。ここでは、不動産投資を法人化して行うことのメリット、デメリットを解説していきます。

不動産投資戦略

社会の多様化、グローバル化の進展、働き方改革の推進、人材不足など、企業を取り巻く環境は年々変化しています。そんな中、企業が存続・発展していくための方法として「不動産投資を行う」という選択肢があります。ここでは、中小企業に絞って不動産投資を行う利点や注意点などをご紹介します。

不動産投資戦略

相続税対策など、節税目的で自社ビルを購入することがありますが、これは企業にとって必ずしもプラスに働くわけではありません。節税目的で自社ビルを購入する問題点と対策について考えてみましょう。

不動産投資戦略

会社の業績が上がってくると、一度は検討することになるであろう「自社ビル」。自社ビルを所有することで、会社としての価値や信用が向上するなどのメリットがあります。しかし、自社ビルの購入にはさまざまなデメリットも付きものです。 一方、近年では「区分所有権オフィス」という、新しいオフィス空間の購入に注目が集まっています。 ここでは、自社ビルの購入に関連する「メリット・デメリット」と区分所有権オフィスが注目されている理由について紹介します。

不動産投資戦略

不動産投資は、入居者がいる限り継続して収入を得ることができる投資方法です。不動産会社などに管理を委託したり、不動産会社とサブリース契約を結んだりすることによって、管理も不動産会社に任せることができます。しかし、メリットばかりではありません。 不動産投資にもいくつかのリスクがあります。ここでは、不動産投資をする前に知っておきたいリスクとリスクを回避するための対策をみていきましょう。

不動産投資戦略

少子高齢化による人口減少の影響で、地方では不動産価値の低下が加速しています。不動産投資で長期にわたって安定的に収益を確保するには、所有する物件のエリアが重要です。 不動産投資を始めるなら、投資先のひとつとして需要の高いオフィスビルの区分所有をおすすめします。 ここでは、不動産投資でエリア選びの重要性や理由について触れながら、近年注目されている区分所有権オフィスの所有について紹介しています。

不動産投資戦略

医師にとって不動産投資は、メリットが大きい投資先のひとつです。しかし、多忙という理由から、本格的に投資に取り組むことができない医師も多いのではないでしょうか。 ここでは、医師が不動産投資を行うメリットに加えて、管理ができない場合でも安心して任せられる不動産業者選びのポイントについて紹介しています。