Latest Posts新着記事

不動産投資戦略

日本の所得税は、所得が高ければ高いほど税率が高くなる「累進課税制度」を採用しています。そのため、開業医や勤務医の中には所得税率が高くなり、納める税金の金額に悩む方も多いのでないでしょうか。 納める税金の金額を低くするためには、普段からの節税対策が必要となります。そこで、ここでは医師におすすめの代表的な節税対策について紹介します。

不動産投資戦略

確定拠出年金は老後の備えをしながら節税対策もできる、私的年金制度です。この記事では、確定拠出年金に加入することによって得られる3つの節税効果について解説します。これから節税対策を行うことを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

不動産投資戦略

不動産投資の特徴として、国内だけでなく海外でも投資を行えるという点があります。日本と海外では不動産の価値が異なっていたり、税制に違いがあったりすることから、海外不動産への投資が頻繁に行われた時期がありました。 しかし人気のあった海外の不動産投資も、税制改正の流れから陰りが見えはじめています。もはや海外の不動産投資では大きな節税効果が期待できないといわれるようになりました。 この記事では、海外不動産投資の節税効果が期待できなくなった理由について解説します。さらに、不動産投資以外の節税方法についても紹介しますので、節税を検討中の方は参考にしてみてください。

不動産投資戦略

「経営者として年収5000万まで稼げるようになった。でも、税金が高い…」「年収5000万とはいっても、税金や社会保険料を引かれると実際には3000万ぐらいしか残らない」といった悩みを抱えている方はいるのではないでしょうか。 日本の税法では、年収が高ければ高いほど税金も高くなります。しかし節税対策さえ適切に行えば、年収の高さに比例して節税効果も大きなものとなるでしょう。 そういった理由からも、高所得者が手元にお金をたくさん残すためには、節税対策の実践は必須だといえます。 この記事では、年収5000万以上の高所得者向けに、すぐに実践できる効果的な節税対策の方法を紹介します。

不動産投資戦略

事業の拡大を考えている経営者の中には不動産投資を検討している方もいるのではないでしょうか、実際に、事業拡大の手段として不動産のサブリース事業を行う経営者は多いです。そのため、近年では大手のサブリース会社が増えてきています。 では、大手のサブリース会社はどのような点に注目して選べば良いのでしょうか。今回は、国内の大手サブリース会社の特徴を確認して、選ぶ際の3つのポイントをご紹介します。

不動産投資戦略

不動産投資で空室リスクを回避する手段として、サブリースが注目されています。しかし、一部ではサブリースにまつわるトラブルが発生していることもあり、利用に不安を感じる方もいるかもしれません。 この記事ではサブリースの成功例にスポットを当てて、不動産投資を成功に導くポイントをわかりやすく解説します。

不動産投資戦略

不動産投資の選択肢として、サブリースやマスターリースという契約形態があります。このサブリースとマスターリースですが、不動産投資初心者の場合、これらの具体的な違いが分からずに戸惑ってしまうこともあるでしょう。 この記事では、サブリースとマスターリースの違いや、それぞれの特徴について解説します。

不動産投資戦略

アパートやマンション、オフィスなどへの不動産投資をお考えの方なら、サブリースや空室保証といった家賃保証サービスの利用を考える方も多いでしょう。しかし、一見すると似ているサブリースと空室保証ですが、それぞれの仕組みにはさまざまな違いがあるのをご存じでしょうか。 この記事では、サブリースと空室保証について、それぞれの違いや仕組み、ポイントをわかりやすく解説します。

不動産投資戦略

不動産投資は副業としても活用できることから、経営者にも人気のある投資方法です。しかし、空室リスクや家賃の未払いリスクもあり、安定した収入を得るためには建物のメンテナンスや適切な管理会社の選定などを行わなくてはなりません。 そこで注目されるようになったのが、個人と直接賃貸の契約を結ぶのではなく、不動産会社を介して賃貸契約を行うサブリースです。空室リスクの軽減をはじめ、サブリースにはさまざまなメリットがあります。 その一方で、サブリースには問題もあるともいわれています。近年、サブリースによるトラブルも増えてきています。 今回は、サブリースを利用する前に知っておくべき問題点と対処法について紹介します。

不動産投資戦略

地元に寄り添って、経営を続けている工務店にとって、地元の人口の減少は大きな問題です。人口が減ると、それだけ建設に関する仕事が少なくなってしまうからです。では、工務店はどのような対策をしていく必要があるのでしょうか。 ここでは、人口減少にも負けない工務店の生き残り戦略を4つ紹介します。

不動産投資戦略

不動産投資は、本業が忙しい事業者や副業がしたいサラリーマンなどにも人気の投資です。株やFXなどと比べた場合、ハイリターンは期待できないものの、長期的な安定収入を見込むことができる堅実な投資ジャンルだといえます。 ただし、ひとくちに「不動産投資」といっても、形態や目的の違いなどからさまざまな種類があります。種類が違えば、必要な資金や運用方法なども異なります。不動産投資で失敗しないためには、種類それぞれの特徴について理解しておくことが大切だといえるでしょう。 この記事では、不動産投資にはどのような種類があるのかについて紹介します。不動産投資を検討中の方は参考にしてみてください。

不動産投資戦略

昔から日本の経済を支えていたのが、製造業です。しかし、AI技術の開発や社会情勢の変動などにより、製造業を取り巻く環境には大きな変化が起こっています。製造業を営む会社が成長するためには、今後はこの変化に対応していかなければなりません。 そこで、今回は製造業の今後と、生き残り対策について解説していきます。

不動産投資戦略

人手不足をはじめとする人件費の高騰など、飲食店を取り巻く環境は、厳しくなりつつあります。提供するメニューによっては、他店との競争が激しいこともあるでしょう。そのような場合、今後のことを考えて、すぐにでも生き残りのための対策を行う必要があります。 そこで、今回この記事では飲食店の生き残り戦略を4つ紹介します。

不動産投資戦略

新型コロナウィルスは、日常生活だけではなく企業の経済活動や株式市場など、さまざまなところに大きな影響を及ぼしています。収束の目処が立つのはいつなのか、現在のところ先行きは不透明です。 人やモノの移動を大幅に抑え込む、実体経済の危機といわれている「コロナショック」ですが、今後は日本経済にどのような影響を与えてしまうのでしょうか。 今回は、コロナショックについて、特に影響の強い業種や株への影響を解説します。

不動産投資戦略

新型コロナウイルスが猛威をふるっている現在、さまざまな企業が経営の危機に直面しています。こうした中、「これを機会にこれまでの仕事の仕方を見直したい」と考えている経営者も多いでしょう。特に、得意先の一社にだけ依存度が高い事業の場合、一社依存のリスクを痛感しているのではないでしょうか。 この記事では、一社依存の危険性について解説します。また、そこから脱却するための具体的な方法についても紹介しますので、経営に携わっている方はぜひ参考にしてください。

不動産投資戦略

税理士は安定した職業だといわれています。しかし、税理士の中には業界の将来に不安を感じている方もいるようです。その理由は、「今後はAIなどの技術革新が税理士業界にも影響を与える」と考えられていることが大きいでしょう。 今回は、税理士が生き残るための対策について詳しく解説します。

不動産投資戦略

投資商品にはさまざまなものがありますが、特に安定収入を期待できるのが不動産投資という分野です。 しかしいくら不動産投資が安定しているといっても、まずは不動産業界の現状がどうなっているのか確認しておきたいと考えるのが普通です。 そこで、今回は不動産業界の現状や課題をふまえつつ、今後の不動産業界について考察を行ってみました。これから不動産投資を考えている方は参考にしてみてください。

不動産投資戦略

製紙業界は比較的安定しているといわれていますが、社会全体におけるペーパーレス化の進展やインターネットの普及、少子化などの影響で、製紙業界の今後を不安視する声があるのも事実です。 では、実際のところ、製紙業界の今後はどうなっていくのでしょうか。この記事では、製紙業界の今後を考えながら、成長戦略について紹介をしていきます。