Latest Posts新着記事

不動産投資戦略

安定した収入が期待できる資産運用の方法として、「不動産投資」は有効な選択肢のひとつです。しかし、投資はメリットばかりではなく、当然ながらリスクもあります。人によっては「不動産投資はやめとけ」という意見を耳にしたこともあると思います。 では、不動産投資のリスクとは、具体的にどういったものなのでしょうか。この記事では、不動産投資をするうえで知っておくべきリスクを解説しながら、メリットについても紹介しますので、不動産投資をするべきか悩んでいる方は参考にしてみてください。

不動産投資戦略

近年、インターネットの普及によりメディアの在りかたが変化しました。特に紙媒体である新聞・雑誌・書籍の発行部数が減少したことは、印刷業界に多大な影響を与えています。 この記事では、「印刷業界の現状」と「今後の展望」、そして「印刷業界で生き残るための解決策」の3つについて紹介します。

不動産投資戦略

経営が順調であっても、将来に対する不安を和らげるために、何か対策をしておきたいと考えている経営者は少なくありません。そんなときに、法人保険を検討している人もが多いでしょう。 しかし法人保険は、メリットとデメリットをきちんと把握していないと損をする可能性があります。ここでは、法人保険について詳しく解説していきます。

不動産投資戦略

悪化した経営状態を改善する方法のひとつとして「販管費の削減」があります。経営の苦しい中小企業をはじめ、さまざまな企業が販管費の削減を検討していますが、単に削減するだけでは経営改善の助けにはなりにくいのも事実です。 今回は、営業利益を上げるための販管費の捉え方と、販管費削減方法について紹介していきます。

不動産投資戦略

Jリート(J-REIT)は、不動産を証券化した商品のことです。株と同じように市場で売買されているので、流動性が高く、小口で投資できることがメリットです。利回りも高く、市場規模も拡大傾向にあります。最近では不動産投資において、一般的な投資手法のひとつといえるでしょう。 では、Jリートのリスクはご存じでしょうか。ここでは知っておいて損のない、Jリートのリスクを解説していきます。

不動産投資戦略

空地を収益化する方法のひとつに、トランクルーム経営があります。「トランクルーム経営は利回りが良い」と紹介する運営会社も多く、会社員の副業としても注目されています。 しかしトランクルーム経営はマンション経営とは違った課題があり、集客に苦労する経営者がいるのも事実です。そこで今回は、トランクルーム経営の基本知識に加え、経営の失敗例についてご紹介します。これからトランクルーム経営に取り組む方は、失敗防止の参考にしてください。

不動産投資戦略

相続などで入手した土地から収益を得る場合、投資方法のひとつとして「コインパーキング経営」という選択肢があります。無人で経営できたり、土地の広さに合わせて駐車スペースを用意できたりと、比較的小さい規模からビジネスを始められる点が大きなメリットです。さらに、定年退職後における「年金以外の収入源」にもなります。 しかしコインパーキング経営にも、事業に伴うリスクは当然あります。そこで今回この記事では、コインパーキング経営をするために知っておくべきことについて、メリット・デメリットの両面から紹介していきます。今後コインパーキングの経営を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

不動産投資戦略

不動産投資を考える際、どの物件に投資したらよいのかと誰もが思うでしょう。物件を選ぶ際の目安のひとつが「イールドギャップ」です。イールドギャップとは、金利に注目した指標のことです。ここでは、不動産投資のイールドギャップの概要やその算出方法などについて徹底解説します。

不動産投資戦略

不動産投資は「ミドルリスク・ミドルリターン」で、他の投資商品より手堅い投資方法だといわれています。ただし、投資をする際はいくつかのリスクについても知っておかなくてはなりません。例えば、空室リスク、災害リスク、そして流動性のリスクなどです。特に不動産投資は流動性が低い投資商品といわれているため詳しく知っておく必要があるでしょう。 ここでは不動産投資をする上で知っておくべき「流動性リスク」とはそもそも何なのか、そして回避する手段があるのか、詳しく解説します。

不動産投資戦略

「リタイア後の生活に備える」など、将来へのリスクヘッジとして不動産投資や生命保険を検討する人は増えてきています。実は不動産投資と生命保険にはいくつかの共通点があります。では、不動産投資と生命保険には具体的にどのような共通点があり、またどういった違いがあるのでしょうか? この記事では、不動産投資と生命保険を比較したうえで、それぞれのメリットやデメリットについても解説します。

不動産投資戦略

REIT(リート)と不動産投資は投資の対象が同じ不動産ですが、その特徴には大きな違いがあります。ここでは、REIT(リート)と不動産投資、それぞれの特徴とメリット・デメリットについて解説します。

不動産投資戦略

オフィスビルは定期的な修繕を行うことによって、適切に維持管理することができます。しかし、オフィスビルの修繕費はどのくらいかかるのでしょうか? この記事では、オフィスビルにかかる修繕費の目安について、具体的に解説します。

不動産投資戦略

オーナーにとって、保有するオフィスビルをどのように管理するかは、経営的な視点からも重要なポイントになります。 ここでは、オフィスビルの資産価値を最大限に引き出すためのビル管理について、ビルメンナンス業務と入居するテナント管理業務の2つの面から紹介します。

不動産投資戦略

マンションやビルなど、不動産における「耐用年数」という言葉をご存じでしょうか。不動産投資を行ううえで重要なのが、金融機関の融資や税金の計算です。実は、その両方に大きく影響するのが耐用年数です。耐用年数を理解することは、不動産投資を成功させることにもつながります。 ここでは、不動産投資をするうえで知っておくべき知識のひとつである「オフィスビルの耐用年数」について詳しく解説します。

不動産投資戦略

自社ビルの建設費用は、どのように算出されるのでしょうか。マンション建設との違いも含め、その目安となる坪単価を紹介します。また、自社ビル所有のもう一つの選択肢として、区分所有権オフィスについてもあわせて紹介します。

不動産投資戦略

不動産投資を成功させるには、適切な資金調達を実現することが大前提です。なるべく有利な条件で融資を受けるためには、投資対象物件の選び方や、融資を受ける個人・法人の状況もポイントです。 マイホーム用の住宅ローンとの相違点や、ビル一棟投資よりも手頃な区分所有権オフィス投資の特徴にも触れながら、資金調達の基礎知識について解説していきます。

不動産投資戦略

不動産投資で利益を上げるための大切な要素の一つに、節税があります。節税にはいくつかのポイントがありますが、重要な要素として減価償却があります。ここでは不動産投資における減価償却について、その意味や計算方法などを説明し、減価償却がなぜ節税になるのかを解説していきます。

不動産投資戦略

近年、オフィスビルを対象とした不動産投資が注目を集めています。従来のマンション投資と比べて、より安定した収益が見込めるというのが大きな理由です。個人でも投資しやすくなったオフィスビルの区分所有ついて解説します。