keywords"節税方法"

不動産投資戦略

投資物件としてオフィスの購入を検討する際、選択肢となるのが「一棟ビル」と「区分所有権オフィス」ですが、結論として現在利益を出しやすいのは、区分所有権オフィスです。その区分所有権オフィスの魅力は、どこにあるのでしょうか。注意点とあわせて詳しくご紹介します。

不動産投資戦略

企業価値向上に有効な戦略に「CRE戦略」があります。しかしCRE戦略とは何か、実施するメリットは何なのかわからないという方は多いのではないでしょうか。そこで今回は、コロナ禍における実例も交えながら、CRE戦略についてご紹介します。

相続戦略

終活の一環として相続税対策を実行する方が増えています。親族にできるだけ多くの財産を残したい場合に、非常に有効な節税対策となるのが不動産投資です。この記事では、不動産投資のリスクについても触れながら、低リスクで節税効果が高い投資法について詳しく解説します。

事業承継戦略

事業承継に併せて節税対策を実施したいという方は多くおられます。この場合に効果的な対処法は、会社の価値を低下させ、あえて株価を落とすという選択肢が有効です。この記事を通じて、事業承継の具体策や注意点、おすすめの投資法をご紹介します。

不動産投資戦略

経営者の方や経理担当者の方には、今すぐ、あるいは来期に実行できる具体的な節税対策を知りたいという方も多いのではないでしょうか。この記事では、決算期の節税で期待できる効果や具体的な15の節税対策をご紹介し、税金として会社から出ていくお金を極力減らすための方法を解説します。

不動産投資戦略

中小企業が安定収益源を確保し、財務を安定させるためには、不動産投資は非常に有効な選択肢の一つです。しかし一方で、不動産投資には空室によって収益が不安定になったり、物件を売却したいタイミングで買い手がつかなかったりといったリスクも存在するため、中々決断へ踏み切れないという声を耳にすることも少なくありません。 そんな企業様にぜひご紹介したいのが、タマホームが提供する「区分保証オフィス™」です。区分保証オフィス™では安定して収益を上げやすい都心のオフィスビルを厳選して分譲販売しており、賃料保証や買取保証といった独自のサービスも展開しているため、安心して不動産投資を行っていただけます。 財務状況を安定させる一手をお探しの企業経営者様は、ぜひ一度目を通していただければと思います。

不動産投資戦略

「国内不動産よりも海外不動産に投資した方が利益を上げやすい」といった話を耳にしたことがあるかもしれません。確かに海外には日本よりも不動産市場が盛り上がっている国は多く、一見すると投資先として優れている様に思えます。 しかし実際には一概にそうとは言えません。この記事では海外不動産投資のメリットとデメリットについて、日本国内での不動産投資と比較しながら紹介していきます。海外不動産投資をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

不動産投資戦略

日本の所得税は、所得が高ければ高いほど税率が高くなる「累進課税制度」を採用しています。そのため、開業医や勤務医の中には所得税率が高くなり、納める税金の金額に悩む方も多いのでないでしょうか。 納める税金の金額を低くするためには、普段からの節税対策が必要となります。そこで、ここでは医師におすすめの代表的な節税対策について紹介します。

不動産投資戦略

不動産投資の特徴として、国内だけでなく海外でも投資を行えるという点があります。日本と海外では不動産の価値が異なっていたり、税制に違いがあったりすることから、海外不動産への投資が頻繁に行われた時期がありました。 しかし人気のあった海外の不動産投資も、税制改正の流れから陰りが見えはじめています。もはや海外の不動産投資では大きな節税効果が期待できないといわれるようになりました。 この記事では、海外不動産投資の節税効果が期待できなくなった理由について解説します。さらに、不動産投資以外の節税方法についても紹介しますので、節税を検討中の方は参考にしてみてください。