keywords"節税"

不動産投資戦略

投資物件としてオフィスの購入を検討する際、選択肢となるのが「一棟ビル」と「区分所有権オフィス」ですが、結論として現在利益を出しやすいのは、区分所有権オフィスです。その区分所有権オフィスの魅力は、どこにあるのでしょうか。注意点とあわせて詳しくご紹介します。

不動産投資戦略

企業価値向上に有効な戦略に「CRE戦略」があります。しかしCRE戦略とは何か、実施するメリットは何なのかわからないという方は多いのではないでしょうか。そこで今回は、コロナ禍における実例も交えながら、CRE戦略についてご紹介します。

不動産投資戦略

保有資産の分散など工夫をしていても、大きな利益を出せず、このままの投資を続けていいか悩んでいる方もおられるでしょう。利益を出すためには、ポートフォリオを定期的に見直さなければなりません。そのための具体策を解説し、有益な投資法をご紹介します。

相続戦略

終活の一環として相続税対策を実行する方が増えています。親族にできるだけ多くの財産を残したい場合に、非常に有効な節税対策となるのが不動産投資です。この記事では、不動産投資のリスクについても触れながら、低リスクで節税効果が高い投資法について詳しく解説します。

不動産投資戦略

経営者の方や経理担当者の方には、今すぐ、あるいは来期に実行できる具体的な節税対策を知りたいという方も多いのではないでしょうか。この記事では、決算期の節税で期待できる効果や具体的な15の節税対策をご紹介し、税金として会社から出ていくお金を極力減らすための方法を解説します。

不動産投資戦略

中小企業が安定収益源を確保し、財務を安定させるためには、不動産投資は非常に有効な選択肢の一つです。しかし一方で、不動産投資には空室によって収益が不安定になったり、物件を売却したいタイミングで買い手がつかなかったりといったリスクも存在するため、中々決断へ踏み切れないという声を耳にすることも少なくありません。 そんな企業様にぜひご紹介したいのが、タマホームが提供する「区分保証オフィス™」です。区分保証オフィス™では安定して収益を上げやすい都心のオフィスビルを厳選して分譲販売しており、賃料保証や買取保証といった独自のサービスも展開しているため、安心して不動産投資を行っていただけます。 財務状況を安定させる一手をお探しの企業経営者様は、ぜひ一度目を通していただければと思います。

不動産投資戦略

日本の所得税は、所得が高ければ高いほど税率が高くなる「累進課税制度」を採用しています。そのため、開業医や勤務医の中には所得税率が高くなり、納める税金の金額に悩む方も多いのでないでしょうか。 納める税金の金額を低くするためには、普段からの節税対策が必要となります。そこで、ここでは医師におすすめの代表的な節税対策について紹介します。

不動産投資戦略

不動産投資の特徴として、国内だけでなく海外でも投資を行えるという点があります。日本と海外では不動産の価値が異なっていたり、税制に違いがあったりすることから、海外不動産への投資が頻繁に行われた時期がありました。 しかし人気のあった海外の不動産投資も、税制改正の流れから陰りが見えはじめています。もはや海外の不動産投資では大きな節税効果が期待できないといわれるようになりました。 この記事では、海外不動産投資の節税効果が期待できなくなった理由について解説します。さらに、不動産投資以外の節税方法についても紹介しますので、節税を検討中の方は参考にしてみてください。

不動産投資戦略

「経営者として年収5000万まで稼げるようになった。でも、税金が高い…」「年収5000万とはいっても、税金や社会保険料を引かれると実際には3000万ぐらいしか残らない」といった悩みを抱えている方はいるのではないでしょうか。 日本の税法では、年収が高ければ高いほど税金も高くなります。しかし節税対策さえ適切に行えば、年収の高さに比例して節税効果も大きなものとなるでしょう。 そういった理由からも、高所得者が手元にお金をたくさん残すためには、節税対策の実践は必須だといえます。 この記事では、年収5000万以上の高所得者向けに、すぐに実践できる効果的な節税対策の方法を紹介します。

事業承継戦略

日本で年収3,000万円以上稼いでいる人の割合は、全体の0.2%と言われています。 日本の税制は稼いでいる人ほど、税金を納めなければいけないシステムとなっており、高所得者の人にとってはいつでも悩みのひとつになってきます。 高所得者の人は相応の知識や努力、そしてセンスがなければ、ビジネスで成功することは難しいでしょう。せっかく稼いだ自分の資産を守るためには、節税などのさまざまな対策が必要です。 ここではおすすめの節税方法と、特にメリットが大きい資産管理会社について詳しくご説明します。

事業承継戦略

近年、日本の少子高齢化が進むなかで、事業承継問題に悩む経営者が増加傾向にあります。また、テレビでも、中小企業の「事業承継問題」を取り上げたニュースを見る機会が増えてきました。 そのような背景のなか、事業承継を成功させるためには、あらかじめ十分な準備を整えておくことが重要です。 ここでは、事業承継を成功させるための事前準備について紹介します。

不動産投資戦略

「リタイア後の生活に備える」など、将来へのリスクヘッジとして不動産投資や生命保険を検討する人は増えてきています。実は不動産投資と生命保険にはいくつかの共通点があります。では、不動産投資と生命保険には具体的にどのような共通点があり、またどういった違いがあるのでしょうか? この記事では、不動産投資と生命保険を比較したうえで、それぞれのメリットやデメリットについても解説します。

事業承継戦略

近年、経営者の高齢化が深刻な問題となっている影響で、中小企業の事業承継件数が増加しています。とくに事業規模が小さい会社ほど、親族の間で経営権の譲渡を検討している経営者は多くいます。 ここでは、事業承継を行ううえでの失敗要因と対策について紹介します。

相続戦略

財産を所有する人が亡くなると、親族などの相続人がその財産を引き継ぐこととなります。しかし、財産を相続すると、その相続財産の価値に応じて相続税を納めなければなりません。 では、相続税の課税対象となる財産には、どのようなものがあるのでしょうか。相続税の課税対象となる財産を知ることで、相続税の節税対策も可能になり、事業承継もスムーズに行えます。ここでは、相続財産の種類や節税対策について詳しく解説します。

不動産投資戦略

不動産投資で利益を上げるための大切な要素の一つに、節税があります。節税にはいくつかのポイントがありますが、重要な要素として減価償却があります。ここでは不動産投資における減価償却について、その意味や計算方法などを説明し、減価償却がなぜ節税になるのかを解説していきます。

事業承継戦略

企業にとって事業承継は大きな課題といえるでしょう。なぜなら、事業承継に合わせて適切な税金対策をしておかないと、想像以上に税金が課せられる可能性があるためです。今回は、中小企業におすすめの、不動産購入による事業承継対策についてお話ししていきます。

不動産投資戦略

相続税対策など、節税目的で自社ビルを購入することがありますが、これは企業にとって必ずしもプラスに働くわけではありません。節税目的で自社ビルを購入する問題点と対策について考えてみましょう。

相続戦略

不動産投資は賃料収入と大きな売却益を得られる投資ですが、マンションや一戸建て、店舗などさまざまな種類に分かれています。中でも最近では、区分所有権オフィスにも注目です。 区分所有権オフィスは、オフィスビルの1フロア・1区画単位を購入できる物件の総称で、相続税対策にも活用できます。 ここでは区分所有権オフィス投資が、相続税対策という視点でも選ぶべき理由などについてご紹介していきますので、節税を意識している方は特に参考にしてみてください。