keywords"経営不振"

不動産投資戦略

投資物件としてオフィスの購入を検討する際、選択肢となるのが「一棟ビル」と「区分所有権オフィス」ですが、結論として現在利益を出しやすいのは、区分所有権オフィスです。その区分所有権オフィスの魅力は、どこにあるのでしょうか。注意点とあわせて詳しくご紹介します。

不動産投資戦略

不動産投資に興味をお持ちの方にとって懸念材料となるのは、新型コロナウイルスのような不測の事態や不況が訪れた際の影響ではないでしょうか。この記事では、コロナ禍・不況下における不動産投資への影響をお伝えするとともに、コロナ禍においても安心して投資できる物件をご紹介します。

不動産投資戦略

物件選びや管理会社選びなど、不動産投資を成功させる上で重要なポイントは様々ありますが、見落とされがちかつ、全体の収支に大きく影響を及ぼす要素として、「出口戦略」があります。 この記事では、不動産投資における出口戦略とはどの様な考え方なのかを解説した上で、出口戦略を成功させるポイントを紹介していきます。

事業承継戦略

自動車業界は、日本の経済を支えている産業のひとつです。近年ではグローバル化やテクノロジーの進化などの影響により、業界全体が大きく変化してきています。 そんな自動車業界ですが、大規模な産業であるがゆえに、景気の浮き沈みなどが及ぼす影響は、自動車メーカーだけでなく関連産業など広範囲に渡るといえるでしょう。 この記事では、今後の自動車業界の動向や将来性などについて解説していきます。

事業承継戦略

インターネットの普及に伴い、多くの業界で大きな変化が起きています。出版業界もそのひとつで、ウェブメディアや電子書籍の出現により、出版会社が倒産したり、年々書籍の売上が減少したりしています。 出版業界は今後どうなっていくのでしょうか。この記事では、出版業界の現状と将来性のほか、小規模書店の生き残り戦略などについて紹介します。

事業承継戦略

社会情勢の変化や消費者のニーズの変化、インターネットやAI技術の発達などにより、各産業の構造が大きく変わってきています。 産業の中にはすでに衰退がはじまっている産業もあれば、これから衰退がはじまる可能性のある産業もあります。衰退産業では、今後生き残るための戦略を考えていく必要があります。 そこで、ここでは衰退産業が生き残るための6つの戦略をご紹介します。

事業承継戦略

社会情勢の変化や業績悪化などにより、中小企業が経営不振に陥ることがあります。また、過去にはリーマンショック・コロナの影響で数々の企業が経営不振となりました。これらを考えると思いがけないことがきっかけで経営不振というのは考えられます。経営不振から脱却・予防するためには、現在行っている事業の改善や、新規事業への参入などといった対策を講じる必要があるでしょう。 今回は、中小企業が経営不振になってしまう原因と、その改善策について紹介していきます。