keywords"経営者"

不動産投資戦略

「経営者として年収5000万まで稼げるようになった。でも、税金が高い…」「年収5000万とはいっても、税金や社会保険料を引かれると実際には3000万ぐらいしか残らない」といった悩みを抱えている方はいるのではないでしょうか。 日本の税法では、年収が高ければ高いほど税金も高くなります。しかし節税対策さえ適切に行えば、年収の高さに比例して節税効果も大きなものとなるでしょう。 そういった理由からも、高所得者が手元にお金をたくさん残すためには、節税対策の実践は必須だといえます。 この記事では、年収5000万以上の高所得者向けに、すぐに実践できる効果的な節税対策の方法を紹介します。