keywords"自社ビル"

不動産投資戦略

投資物件としてオフィスの購入を検討する際、選択肢となるのが「一棟ビル」と「区分所有権オフィス」ですが、結論として現在利益を出しやすいのは、区分所有権オフィスです。その区分所有権オフィスの魅力は、どこにあるのでしょうか。注意点とあわせて詳しくご紹介します。

不動産投資戦略

企業価値向上に有効な戦略に「CRE戦略」があります。しかしCRE戦略とは何か、実施するメリットは何なのかわからないという方は多いのではないでしょうか。そこで今回は、コロナ禍における実例も交えながら、CRE戦略についてご紹介します。

不動産投資戦略

保有資産の分散など工夫をしていても、大きな利益を出せず、このままの投資を続けていいか悩んでいる方もおられるでしょう。利益を出すためには、ポートフォリオを定期的に見直さなければなりません。そのための具体策を解説し、有益な投資法をご紹介します。

不動産投資戦略

企業成長を促進させるためにストック型ビジネスをご検討中の場合、選択肢に不動産投資が加わることになるでしょう。東京で注目されている再開発エリアですが、このエリアに投資するメリットや注意点は何なのでしょうか。具体的な再開発情報に触れながら、有益な投資法をご紹介します。

不動産投資戦略

目に見える景気回復を実感できず、本業を支えられる新事業をはじめたいと考える企業や経営者の方は多いはずです。現在、重要視されているのは多角経営化ですが、その魅力や注意点とは何なのでしょうか。おすすめの新事業について触れながら解説します。

不動産投資戦略

自社ビルの建設費用は、どのように算出されるのでしょうか。マンション建設との違いも含め、その目安となる坪単価を紹介します。また、自社ビル所有のもう一つの選択肢として、区分所有権オフィスについてもあわせて紹介します。

不動産投資戦略

相続税対策など、節税目的で自社ビルを購入することがありますが、これは企業にとって必ずしもプラスに働くわけではありません。節税目的で自社ビルを購入する問題点と対策について考えてみましょう。

不動産投資戦略

会社の業績が上がってくると、一度は検討することになるであろう「自社ビル」。自社ビルを所有することで、会社としての価値や信用が向上するなどのメリットがあります。しかし、自社ビルの購入にはさまざまなデメリットも付きものです。 一方、近年では「区分所有権オフィス」という、新しいオフィス空間の購入に注目が集まっています。 ここでは、自社ビルの購入に関連する「メリット・デメリット」と区分所有権オフィスが注目されている理由について紹介します。