keywords"解決策"

不動産投資戦略

投資物件としてオフィスの購入を検討する際、選択肢となるのが「一棟ビル」と「区分所有権オフィス」ですが、結論として現在利益を出しやすいのは、区分所有権オフィスです。その区分所有権オフィスの魅力は、どこにあるのでしょうか。注意点とあわせて詳しくご紹介します。

不動産投資戦略

企業価値向上に有効な戦略に「CRE戦略」があります。しかしCRE戦略とは何か、実施するメリットは何なのかわからないという方は多いのではないでしょうか。そこで今回は、コロナ禍における実例も交えながら、CRE戦略についてご紹介します。

不動産投資戦略

保有資産の分散など工夫をしていても、大きな利益を出せず、このままの投資を続けていいか悩んでいる方もおられるでしょう。利益を出すためには、ポートフォリオを定期的に見直さなければなりません。そのための具体策を解説し、有益な投資法をご紹介します。

相続戦略

終活の一環として相続税対策を実行する方が増えています。親族にできるだけ多くの財産を残したい場合に、非常に有効な節税対策となるのが不動産投資です。この記事では、不動産投資のリスクについても触れながら、低リスクで節税効果が高い投資法について詳しく解説します。

不動産投資戦略

経営者の方や経理担当者の方には、今すぐ、あるいは来期に実行できる具体的な節税対策を知りたいという方も多いのではないでしょうか。この記事では、決算期の節税で期待できる効果や具体的な15の節税対策をご紹介し、税金として会社から出ていくお金を極力減らすための方法を解説します。

不動産投資戦略

物件選びや管理会社選びなど、不動産投資を成功させる上で重要なポイントは様々ありますが、見落とされがちかつ、全体の収支に大きく影響を及ぼす要素として、「出口戦略」があります。 この記事では、不動産投資における出口戦略とはどの様な考え方なのかを解説した上で、出口戦略を成功させるポイントを紹介していきます。

不動産投資戦略

「国内不動産よりも海外不動産に投資した方が利益を上げやすい」といった話を耳にしたことがあるかもしれません。確かに海外には日本よりも不動産市場が盛り上がっている国は多く、一見すると投資先として優れている様に思えます。 しかし実際には一概にそうとは言えません。この記事では海外不動産投資のメリットとデメリットについて、日本国内での不動産投資と比較しながら紹介していきます。海外不動産投資をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

不動産投資戦略

管理会社が不動産物件を一括して借り上げ、管理運用を行いながら賃料保証もしてくれるサブリース契約。一見すると物件オーナーにとってはメリットしかない契約に思えますが、中には契約後の家賃減額を始めとするトラブルにより、解約したくなるというケースもあります。 しかし、サブリース契約は途中解約できるのかどうか分からない、解約したいが方法が分からないといった声を耳にすることも少なくありません。 そこでこの記事では、サブリース契約の解約可否や契約内容別の対応、具体的な解約方法を分かりやすく解説していきます。

不動産投資戦略

近年、インターネットの普及によりメディアの在りかたが変化しました。特に紙媒体である新聞・雑誌・書籍の発行部数が減少したことは、印刷業界に多大な影響を与えています。 この記事では、「印刷業界の現状」と「今後の展望」、そして「印刷業界で生き残るための解決策」の3つについて紹介します。