keywords"貸事務所業"

不動産投資戦略

投資物件としてオフィスの購入を検討する際、選択肢となるのが「一棟ビル」と「区分所有権オフィス」ですが、結論として現在利益を出しやすいのは、区分所有権オフィスです。その区分所有権オフィスの魅力は、どこにあるのでしょうか。注意点とあわせて詳しくご紹介します。

不動産投資戦略

企業価値向上に有効な戦略に「CRE戦略」があります。しかしCRE戦略とは何か、実施するメリットは何なのかわからないという方は多いのではないでしょうか。そこで今回は、コロナ禍における実例も交えながら、CRE戦略についてご紹介します。

不動産投資戦略

目に見える景気回復を実感できず、本業を支えられる新事業をはじめたいと考える企業や経営者の方は多いはずです。現在、重要視されているのは多角経営化ですが、その魅力や注意点とは何なのでしょうか。おすすめの新事業について触れながら解説します。

不動産投資戦略

不動産投資に興味をお持ちの方にとって懸念材料となるのは、新型コロナウイルスのような不測の事態や不況が訪れた際の影響ではないでしょうか。この記事では、コロナ禍・不況下における不動産投資への影響をお伝えするとともに、コロナ禍においても安心して投資できる物件をご紹介します。

不動産投資戦略

不動産投資は節税対策に有効ですが、投資先の選定は慎重に行う必要があります。 最初の選択肢として考えなければならないのは「東京か」「地方か」という2点ですが、双方にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。この記事では、東京と地方の不動産事情を比較しながら、より安定性が高く有効な投資先をご紹介します。

不動産投資戦略

中小企業が安定収益源を確保し、財務を安定させるためには、不動産投資は非常に有効な選択肢の一つです。しかし一方で、不動産投資には空室によって収益が不安定になったり、物件を売却したいタイミングで買い手がつかなかったりといったリスクも存在するため、中々決断へ踏み切れないという声を耳にすることも少なくありません。 そんな企業様にぜひご紹介したいのが、タマホームが提供する「区分保証オフィス™」です。区分保証オフィス™では安定して収益を上げやすい都心のオフィスビルを厳選して分譲販売しており、賃料保証や買取保証といった独自のサービスも展開しているため、安心して不動産投資を行っていただけます。 財務状況を安定させる一手をお探しの企業経営者様は、ぜひ一度目を通していただければと思います。

不動産投資戦略

投資においてはリスクヘッジのために複数の対象に資金を分散させて投資する「分散投資」という手法がありますが、これは不動産投資を安定させるためにも非常に重要なものです。 この記事では、不動産投資における分散投資の概要とメリット・デメリット、具体的な実践方法を解説します。

不動産投資戦略

税理士は安定した職業だといわれています。しかし、税理士の中には業界の将来に不安を感じている方もいるようです。その理由は、「今後はAIなどの技術革新が税理士業界にも影響を与える」と考えられていることが大きいでしょう。 今回は、税理士が生き残るための対策について詳しく解説します。

不動産投資戦略

貸事務所業についてご存知でしょうか?不動産を所有し、それをオフィスとして貸し出す事業のことですが、法人の主事業を支える 安定した利益を確保できる方法として注目されています。 確かに、所有している不動産からの賃料による収入は魅力的ですが、 不動産は簡単に所有できるものでも無いし、空室リスクなどについても懸念されている方も多いのではないでしょうか。 ただ、実は今、貸事務所業は注目のビジネスで、企業の利益の安定化のためには欠かせない手法となっています。 2019年現在、業種別老舗企業のランキング1位は「貸事務所業」となっており、さらに、 だれもが知っている大手企業でもメインの事業とは別に不動産関連の事業を展開することで、企業の収益を底上げしています。