keywords"費用"

不動産投資戦略

不動産投資は節税対策に有効ですが、投資先の選定は慎重に行う必要があります。 最初の選択肢として考えなければならないのは「東京か」「地方か」という2点ですが、双方にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。この記事では、東京と地方の不動産事情を比較しながら、より安定性が高く有効な投資先をご紹介します。

不動産投資戦略

経営者の方や経理担当者の方には、今すぐ、あるいは来期に実行できる具体的な節税対策を知りたいという方も多いのではないでしょうか。この記事では、決算期の節税で期待できる効果や具体的な15の節税対策をご紹介し、税金として会社から出ていくお金を極力減らすための方法を解説します。

不動産投資戦略

余剰資金は寝かせておくのではなく、運用に回すほうが得策です。問題はどういった投資方法を用いるかということでしょう。 投資にはさまざまなタイプがありますが、リスクやリターン、管理のしやすさなど総合的に考えると、不動産投資は魅力的な投資方法のひとつです。 不動産投資を始める場合は、投資の初期にかかる諸費用も考慮しておく必要があります。不動産投資の初期費用はどのくらいかかるものなのか、費用の項目と目安の金額を確認していきましょう。

不動産投資戦略

オフィスビルは定期的な修繕を行うことによって、適切に維持管理することができます。しかし、オフィスビルの修繕費はどのくらいかかるのでしょうか? この記事では、オフィスビルにかかる修繕費の目安について、具体的に解説します。

不動産投資戦略

会社の業績が上がってくると、一度は検討することになるであろう「自社ビル」。自社ビルを所有することで、会社としての価値や信用が向上するなどのメリットがあります。しかし、自社ビルの購入にはさまざまなデメリットも付きものです。 一方、近年では「区分所有権オフィス」という、新しいオフィス空間の購入に注目が集まっています。 ここでは、自社ビルの購入に関連する「メリット・デメリット」と区分所有権オフィスが注目されている理由について紹介します。

不動産投資戦略

不動産投資は、入居者がいる限り継続して収入を得ることができる投資方法です。不動産会社などに管理を委託したり、不動産会社とサブリース契約を結んだりすることによって、管理も不動産会社に任せることができます。しかし、メリットばかりではありません。 不動産投資にもいくつかのリスクがあります。ここでは、不動産投資をする前に知っておきたいリスクとリスクを回避するための対策をみていきましょう。