keywords"購入"

不動産投資戦略

REIT(リート)と不動産投資は投資の対象が同じ不動産ですが、その特徴には大きな違いがあります。ここでは、REIT(リート)と不動産投資、それぞれの特徴とメリット・デメリットについて解説します。

不動産投資戦略

自社ビルの建設費用は、どのように算出されるのでしょうか。マンション建設との違いも含め、その目安となる坪単価を紹介します。また、自社ビル所有のもう一つの選択肢として、区分所有権オフィスについてもあわせて紹介します。

不動産投資戦略

不動産投資で利益を上げるための大切な要素の一つに、節税があります。節税にはいくつかのポイントがありますが、重要な要素として減価償却があります。ここでは不動産投資における減価償却について、その意味や計算方法などを説明し、減価償却がなぜ節税になるのかを解説していきます。

事業承継戦略

企業にとって事業承継は大きな課題といえるでしょう。なぜなら、事業承継に合わせて適切な税金対策をしておかないと、想像以上に税金が課せられる可能性があるためです。今回は、中小企業におすすめの、不動産購入による事業承継対策についてお話ししていきます。

相続戦略

相続する資産の価値が相続税の基礎控除額を超えると、相続税の納付義務が発生します。相続税対策とは、相続税の納付義務がある場合に、国の制度を利用して納税額を適切に抑えることです。 この相続税対策には不動産購入も含まれています。なぜ、相続税対策に有効なのか理由を解説していきます。

不動産投資戦略

会社の業績が上がってくると、一度は検討することになるであろう「自社ビル」。自社ビルを所有することで、会社としての価値や信用が向上するなどのメリットがあります。しかし、自社ビルの購入にはさまざまなデメリットも付きものです。 一方、近年では「区分所有権オフィス」という、新しいオフィス空間の購入に注目が集まっています。 ここでは、自社ビルの購入に関連する「メリット・デメリット」と区分所有権オフィスが注目されている理由について紹介します。

不動産投資戦略

不動産投資は、入居者がいる限り継続して収入を得ることができる投資方法です。不動産会社などに管理を委託したり、不動産会社とサブリース契約を結んだりすることによって、管理も不動産会社に任せることができます。しかし、メリットばかりではありません。 不動産投資にもいくつかのリスクがあります。ここでは、不動産投資をする前に知っておきたいリスクとリスクを回避するための対策をみていきましょう。

不動産投資戦略

医師にとって不動産投資は、メリットが大きい投資先のひとつです。しかし、多忙という理由から、本格的に投資に取り組むことができない医師も多いのではないでしょうか。 ここでは、医師が不動産投資を行うメリットに加えて、管理ができない場合でも安心して任せられる不動産業者選びのポイントについて紹介しています。

不動産投資戦略

一部の例外を除き、どんな企業でも事業を行うためには拠点となる事務所が必要です。事業規模や事業内容によっては、賃貸で家賃を支払い続けるよりも、購入の方がメリットの多い場合があります。 この記事では、事務所を購入するメリットやデメリットについて紹介します。それとあわせて、近年新しい不動産投資として注目されている「区分所有権オフィス」についても解説しますので、こちらも参考にしてみてください。