オフィスビル投資のメリット!おすすめは区分所有

近年、オフィスビルを対象とした不動産投資が注目を集めています。従来のマンション投資と比べて、より安定した収益が見込めるというのが大きな理由です。個人でも投資しやすくなったオフィスビルの区分所有ついて解説します。


この記事は約6分で読み終わります。

オフィスビル投資の魅力

今回は、オフィスビルの投資が効果的な相続税対策になる理由など、オフィスビルを区分所有するメリットについて紹介していきます。

 

オフィスビル投資のメリット

 

オフィスビル投資のメリットとして、まずは、相続税対策に効果的であることを解説します。

 

2015年1月の相続税法の改正により、基礎控除額が引き下げられました。相続税は被相続人(相続財産を残して亡くなった人のこと)の相続税評価額が基礎控除額を超えた場合に、支払う義務が生じます。

 

また、相続評価額とは、被相続人が残した相続財産を金銭的な価値に換算したものです。もし、相続財産として1億円の現金を残したのならば、1億円がそのまま相続評価額となります。

 

しかし、現金を不動産に投資して、オフィスビルの経営を行えば、相続評価額を低くすることができるので、相続税対策となります

 

なぜならば、相続税評価額は建物の固定資産評価額となり、この固定資産評価額は建物の資産価値の50〜60%として計算されるからです。

 

さらに、購入した物件が賃貸用のオフィスビルであれば、「借家権」によりさらに相続税評価額を下げることができます。

 

このように、オフィスビルへの投資は、効果的な相続税対策になるのです。

 

また、オフィスビル投資は安定した収益が見込めます。

 

なぜなら、テナントや店舗、事務所での契約は、住居用のマンションなどと比べると、長期である場合が多く、継続的な収入を見込めるからです。また、住居用の契約よりも高い家賃設定が可能であることも魅力のひとつです。

 

一棟投資よりも区分投資がおすすめ

 

オフィスビルへの投資には前述のようにメリットがあるものの、いざ購入するとなると数億から数十億単位の資金が必要になり、簡単に手を出せる投資ではありません。

 

しかし、区分投資となると、1フロア、もしくは1部屋単位の投資になるので、購入価格も低くなります。金額面でオフィス投資をためらっていたのなら、への投資は有効な解決方法となります。

 

さらに、同じ金額で、より質の高い物件に投資できるので、テナントを探すことに対して困ることが少なくなり、安定した収入につながります。また、優良物件は「現金化しやすい」こともメリットであり、好条件で売却できる可能性が高く、不動産投資の出口戦略としても重要なポイントです。

 目次へ

オフィスビル区分投資の特徴

ここでは、オフィスビル区分投資ならではの特徴を紹介します。

 

一棟投資よりも投資額が少ない

 

ビル一棟の投資であれば、数億から数十億の資金が必要であり、融資等で資金を調達できたとしても、そのリスクが大きく簡単には手が出せない投資です。

 

しかし、1フロアもしくは1部屋単位の区分所有権オフィス投資であれば、一棟を購入するだけの資金やローン与信がなくても、手が届く可能性が高いでしょう

 

また、区分所有権オフィス投資では、少ない投資額で、より好立地でハイグレードなビルを購入することができます。少ない資金で資産価値の高いビルのオーナーになることで、個人が資産運用において今までにない大きな価値を生みだす可能性が出てきました。

 

なぜなら、何十億もするビルを所有することは、大多数の人にとってそれだけの資金を用意することは不可能だったからです。

 

しかし、区分所有権オフィスによる投資は、ハイグレードな物件であっても1億円前後からの購入が可能です。もちろん、1億円は大きなお金ですが、ローンを利用すれば、不動産投資としても安定的な運用が可能です。

 

これまで一棟単位での取引であったオフィスビル投資に、少ない投資額で参入できることは区分所有権オフィスならではのメリットといえます。

 

資産価値の安定している物件が多い

 

オフィスビルはテナントが企業であることや、住居の様に24時間、人が生活しているわけではないことによって、建物として劣化しにくい傾向にあります。また、交通の利便性の高いところに立てられていることが多く、こちらも資産価値の安定に寄与します。

 

 

まだ物件の流通量が少ないので現金化しやすい

 

不動産の市場には数え切れないほどの物件が流通しています。しかし区分所有権オフィスとしての物件の流通量はまだまだ少ないのが現状です。

 

対して、区分所有権オフィスへの注目度は高まっており、現金化しようとしたときに比較的容易に売却先を見つけることができます

 

投資には出口戦略を考えることも重要です。積極的な出口戦略を考える場合、売却物件としても魅力的な区分所有権オフィスは、資産運用の対象としても価値が高いといえます。

 

また、都心の物件が多い区分所有権オフィスでは、知名度の高いオフィスビルの取引もあり、購入時よりも高い価格で売却できる可能性も高いです。これは、区分所有権オフィスならではのメリットだといえるでしょう。

 

管理の手間がかからない

 

区分所有権オフィスとして購入した物件であれば、すでにビルの管理会社が入っているため、物件の管理や各種手続きなどの煩雑な業務をする手間がかかりません

 

また、不動産会社が貸主から賃貸物件を一括で借り上げ、入居者に転貸するサブリース契約を利用すれば非常に便利です。

 

一定の手数料を支払う代わりに、賃貸契約上の家賃や共益費の回収などの管理業務も専門業者に委託することができます。オーナーとしてビルの管理に悩むことはありません。

 

ただし、サブリース契約に関してはトラブルも多いので、仕組みや契約内容を理解して、「信頼できる会社であるか」という部分をしっかりと確認しておきましょう。

 目次へ

オフィスビルの区分投資ならタマホームで!

メリットの多いオフィスビルの区分投資ですが、立地条件については特に注意を払う必要があります。

 

タマホームの扱う区分所有権オフィスであれば、東京5区(千代田区・渋谷区・中央区・新宿区・港区)を中心とした好立地な物件に限定しているので、物件の価格が下がりにくいというメリットがあります。

 

また、ビル全体・各フロアの修繕工事、およびリノベーションを行うことで、資産価値の維持・管理を高いレベルで実現しているのも大きな特徴です。

さらに、管理組合の組成、管理組合と建物管理会社で建物管理業務委託契約を行うことにより、清掃や設備保守といったすべての管理作業を専門家に委託することができます。

 

そのほかタマホームの販売する区分所有権オフィスは、電気、照明、配管、空調等など、ビルに関する主な設備については、すべて管理組合の資産区分としています。そのため、各設備の修理取り換えが発生した場合は、オーナーが費用を負担する心配はありません。

 

このように、購入後の手間を最小限にすることができるため、オーナーは物件の運用に集中することができます。

 目次へ

まとめ

 

一棟投資にないメリットを持つ区分所有権オフィス投資は、今後も不動産市場で広まっていくことでしょう。区分所有権オフィス投資を成功させるためにも、まずはタマホームへお問い合わせください。

 

タマホーム㈱では、ご自宅で顔を見ながら商品説明、ご商談ができる、オンライン商談を導入致しました。
お客様のご準備として、パソコン、タブレット、スマホどれでも可能です。
音声は電話で、画像は双方のデバイスで共通の画面を見ながらお話ができます。一度、お試し下さい。
ご予約、お問い合わせは当ホームページ「お問い合わせ」よりお願い致します。