副業としての不動産投資!「オフィス」と「レジデンス」どちらを選ぶべきか

一般的に、不動産投資は堅実な副業というイメージがあります。 会社勤めのサラリーマンに限らず、法人である中小企業にとっても、本業以外の収入を得ることができる不動産投資は魅力的な事業だといえるでしょう。 今回は、不動産投資における「オフィス」と「レジデンス」の違いや、それぞれのメリット・デメリットなどについて紹介します。記事後半では区分所有権オフィスを活用した経営戦略についても紹介していますので、経営者の方は参考にしてみてください。


この記事は約6分で読み終わります。

2つの不動産投資を比較!「オフィス」と「レジデンス」の違い

賃貸目的の不動産物件を大きく分けた場合、「オフィス」と「レジデンス」の2つがあります。ここではそれぞれの違いについて解説します。

オフィスは事業用

「オフィス」はその名の通り、企業が事業所として使用することを目的とした物件です。事務所や店舗といったテナントが入る、事業用の不動産物件のことを指します。
一般的には、オフィス物件への投資はまとまった資金が必要になるので、個人での投資は難しく、法人向けの不動産物件だといえるでしょう。

レジデンスと比べると、家賃相場が高く、入居者が法人のため賃貸期間が長い傾向があります。
一方で、一度入居者が出て行ってしまうと、長期で空室になる場合も多いようです。投資するエリアや、入居してくれるテナントの見極めが必要となるため、不動産投資の中でも経験者向けの投資方法でしょう。

レジデンスは居住用

「レジデンス」は、マンションやアパートなどの居住用の不動産のことを言います。つまり住むための物件を指します。
賃料収入や売却益狙いの収益目的だけでなく、節税目的に投資するケースも多いです。

人々が生活するには住居は必要となるため、そもそものニーズがオフィスよりあります。そういった事情からも、レジデンスは初心者向けの不動産投資だといえるでしょう。

目次へ

不動産投資におけるオフィスのメリット・デメリット

では、オフィス投資のメリット・デメリットについて確認してみましょう。

オフィスのメリット

不動産を保有している場合は、内装や設備などの修繕費が必要となってきます。その費用は通常、レジデンスはオーナーが負担します。一方オフィスでは、オーナーではなく入居者が負担するという点が大きなメリットだといえるでしょう。

また、居住用のレジデンスと比べた場合、オフィスは建築基準法における立地の要件が厳しくありません。アパートやマンションは、土地の形状などに対しての厳しい要件に対応しなければならず、物件の周辺環境が入居率に影響してしまいます。
たとえば周辺に騒がしくなるような商業施設があれば、住居用としては好まれません。その点、オフィスの場合、周辺環境の影響は少ないと言えます。
こういった立地要件が緩和されているという点も、オフィスの大きなメリットだといえるでしょう。
人気エリアのオフィスビルを所有できれば、長期的な安定収入が期待できます。企業が行う副業目的の不動産投資としては最適な物件です。

オフィスのデメリット

オフィスの代表的なデメリットとして、「景気に左右されやすい」というのがあります。

社会の景気が悪くなると、法人を対象にしているオフィス物件の場合、空室リスクが高くなってしまいます。
また、一度空室になってしまうと、レジデンスと比べて次の入居者が決まりにくいです。レジデンスよりも賃料が高い分、空室が続くと収益は大きく下がってしまうでしょう。

こういった事業用ならではの空室リスクが、オフィスの大きなデメリットだといえます。

目次へ

不動産投資におけるレジデンスのメリット・デメリット

次に、レジデンスのメリット・デメリットについて紹介します。

レジデンスのメリット

レジデンスの主なメリットとして、「オフィスに比べて景気に左右されにくい」というのがあります。
前述したように、住居というのは人の生活に必要不可欠ですので、常に一定の需要があります。そのため立地さえ気をつければ、景気変動などにより入居者が増減するということは起こりにくいです。

安定した需要による「ローリスク・ロングリターン」こそが、レジデンスの魅力だといえるでしょう。景気に左右されない長期的な安定収入が見込めるので、老後の資産形成として活用するケースもあります。

また、単純に収益目的の投資物件としてだけではなく、場合によってはオーナーやその家族が入居できるのも居住用物件ならではのメリットです。生活スペースとしてはもちろん、趣味を行う場としてや倉庫利用など、さまざまな用途に活用することができるでしょう。

レジデンスのデメリット

住居として安定した需要のあるレジデンスですが、立地が悪かったり魅力的な物件として運営できていなければ、やはり空室リスクは高くなってしまいます。十分な入居者が集まらなかった場合、ローン返済などの支出が家賃収入よりも上回ってしまい、赤字経営に陥ってしまうでしょう。

また、物件の管理や修繕などを定期的に行っていかなくてはならず、ほとんどの場合オーナー自らが費用を負担しなければなりません。空室により家賃収入が十分でない場合、それら維持管理や修繕にかかる費用を捻出するのも難しくなってしまうでしょう。

目次へ

タマホームの区分保証オフィス™なら低リスク

前述したように、オフィス物件は景気変動の影響など、事業用ならではの経営リスクがあります。
しかし都心のオフィスビルの一部を購入できる「区分所有権オフィス」という不動産投資であれば、リスクを低く抑えることができるでしょう。

タマホームでも、ビルの1フロアを購入できる「区分保証オフィス™」を行っています。ビル一棟に比べて低い資金に抑えられるので、不動産投資としての購入ハードルは低いです。

前述したように、オフィス物件への投資は景気に左右されやすいというデメリットがあります。
しかしタマホームが扱っている物件は、都心の主要エリア(東京5区)にある中規模オフィスビルばかりなので、資産価値が安定しています。
それだけでなく、サブリース契約により一定の家賃保証を行っているので、オーナー様は空室リスクに関してはほとんど心配する必要はありません。

また、物件の管理業務は信頼できる専門家へ一任できます。不動産投資の専門知識は不要となり、手がかからないうえに、日々のメンテナンスで資産価値の上昇も期待できます。賃貸経営について熟知している専門スタッフがサポートを行いますので、副業目的の不動産投資が初めての方でも安心してお任せください。

区分保証オフィス™について、詳しい内容はこちらをご覧ください。

目次へ

まとめ

今回は不動産投資の「オフィス」と「レジデンス」の違いについて、それぞれのメリットやデメリットを紹介しました。

景気変動や需要など、同じ不動産投資でも違いがあります。個人や法人など、状況や目的に合わせて投資対象を選択していきましょう。

特にオフィスビルへの投資を行う場合は、記事でも紹介した区分所有権オフィスがおすすめです。一棟よりも購入ハードルが低く、立地によっては長期的な安定収入が見込めるメリットの多い不動産投資です。
当社タマホームでも、経営戦略に活用できる区分保証オフィス™を提供しております。不動産投資をお考えの場合は、ぜひ一度ご相談ください。

 

タマホーム㈱では、ご自宅で顔を見ながら商品説明、ご商談ができる、オンライン商談を導入致しました。
お客様のご準備として、パソコン、タブレット、スマホどれでも可能です。
音声は電話で、画像は双方のデバイスで共通の画面を見ながらお話ができます。一度、お試し下さい。
ご予約、お問い合わせは当ホームページ「お問い合わせ」よりお願い致します。