Latest Posts新着記事

不動産投資戦略

不動産投資の選択肢として、サブリースやマスターリースという契約形態があります。このサブリースとマスターリースですが、不動産投資初心者の場合、これらの具体的な違いが分からずに戸惑ってしまうこともあるでしょう。 この記事では、サブリースとマスターリースの違いや、それぞれの特徴について解説します。

不動産投資戦略

アパートやマンション、オフィスなどへの不動産投資をお考えの方なら、サブリースや空室保証といった家賃保証サービスの利用を考える方も多いでしょう。しかし、一見すると似ているサブリースと空室保証ですが、それぞれの仕組みにはさまざまな違いがあるのをご存じでしょうか。 この記事では、サブリースと空室保証について、それぞれの違いや仕組み、ポイントをわかりやすく解説します。

不動産投資戦略

不動産投資は副業としても活用できることから、経営者にも人気のある投資方法です。しかし、空室リスクや家賃の未払いリスクもあり、安定した収入を得るためには建物のメンテナンスや適切な管理会社の選定などを行わなくてはなりません。 そこで注目されるようになったのが、個人と直接賃貸の契約を結ぶのではなく、不動産会社を介して賃貸契約を行うサブリースです。空室リスクの軽減をはじめ、サブリースにはさまざまなメリットがあります。 その一方で、サブリースには問題もあるともいわれています。近年、サブリースによるトラブルも増えてきています。 今回は、サブリースを利用する前に知っておくべき問題点と対処法について紹介します。

不動産投資戦略

地元に寄り添って、経営を続けている工務店にとって、地元の人口の減少は大きな問題です。人口が減ると、それだけ建設に関する仕事が少なくなってしまうからです。では、工務店はどのような対策をしていく必要があるのでしょうか。 ここでは、人口減少にも負けない工務店の生き残り戦略を4つ紹介します。

不動産投資戦略

不動産投資は、本業が忙しい事業者や副業がしたいサラリーマンなどにも人気の投資です。株やFXなどと比べた場合、ハイリターンは期待できないものの、長期的な安定収入を見込むことができる堅実な投資ジャンルだといえます。 ただし、ひとくちに「不動産投資」といっても、形態や目的の違いなどからさまざまな種類があります。種類が違えば、必要な資金や運用方法なども異なります。不動産投資で失敗しないためには、種類それぞれの特徴について理解しておくことが大切だといえるでしょう。 この記事では、不動産投資にはどのような種類があるのかについて紹介します。不動産投資を検討中の方は参考にしてみてください。

不動産投資戦略

昔から日本の経済を支えていたのが、製造業です。しかし、AI技術の開発や社会情勢の変動などにより、製造業を取り巻く環境には大きな変化が起こっています。製造業を営む会社が成長するためには、今後はこの変化に対応していかなければなりません。 そこで、今回は製造業の今後と、生き残り対策について解説していきます。

不動産投資戦略

人手不足をはじめとする人件費の高騰など、飲食店を取り巻く環境は、厳しくなりつつあります。提供するメニューによっては、他店との競争が激しいこともあるでしょう。そのような場合、今後のことを考えて、すぐにでも生き残りのための対策を行う必要があります。 そこで、今回この記事では飲食店の生き残り戦略を4つ紹介します。

不動産投資戦略

新型コロナウィルスは、日常生活だけではなく企業の経済活動や株式市場など、さまざまなところに大きな影響を及ぼしています。収束の目処が立つのはいつなのか、現在のところ先行きは不透明です。 人やモノの移動を大幅に抑え込む、実体経済の危機といわれている「コロナショック」ですが、今後は日本経済にどのような影響を与えてしまうのでしょうか。 今回は、コロナショックについて、特に影響の強い業種や株への影響を解説します。

不動産投資戦略

新型コロナウイルスが猛威をふるっている現在、さまざまな企業が経営の危機に直面しています。こうした中、「これを機会にこれまでの仕事の仕方を見直したい」と考えている経営者も多いでしょう。特に、得意先の一社にだけ依存度が高い事業の場合、一社依存のリスクを痛感しているのではないでしょうか。 この記事では、一社依存の危険性について解説します。また、そこから脱却するための具体的な方法についても紹介しますので、経営に携わっている方はぜひ参考にしてください。

不動産投資戦略

税理士は安定した職業だといわれています。しかし、税理士の中には業界の将来に不安を感じている方もいるようです。その理由は、「今後はAIなどの技術革新が税理士業界にも影響を与える」と考えられていることが大きいでしょう。 今回は、税理士が生き残るための対策について詳しく解説します。

不動産投資戦略

投資商品にはさまざまなものがありますが、特に安定収入を期待できるのが不動産投資という分野です。 しかしいくら不動産投資が安定しているといっても、まずは不動産業界の現状がどうなっているのか確認しておきたいと考えるのが普通です。 そこで、今回は不動産業界の現状や課題をふまえつつ、今後の不動産業界について考察を行ってみました。これから不動産投資を考えている方は参考にしてみてください。

不動産投資戦略

製紙業界は比較的安定しているといわれていますが、社会全体におけるペーパーレス化の進展やインターネットの普及、少子化などの影響で、製紙業界の今後を不安視する声があるのも事実です。 では、実際のところ、製紙業界の今後はどうなっていくのでしょうか。この記事では、製紙業界の今後を考えながら、成長戦略について紹介をしていきます。

不動産投資戦略

安定した収入が期待できる資産運用の方法として、「不動産投資」は有効な選択肢のひとつです。しかし、投資はメリットばかりではなく、当然ながらリスクもあります。人によっては「不動産投資はやめとけ」という意見を耳にしたこともあると思います。 では、不動産投資のリスクとは、具体的にどういったものなのでしょうか。この記事では、不動産投資をするうえで知っておくべきリスクを解説しながら、メリットについても紹介しますので、不動産投資をするべきか悩んでいる方は参考にしてみてください。

事業承継戦略

日本で年収3,000万円以上稼いでいる人の割合は、全体の0.2%と言われています。 日本の税制は稼いでいる人ほど、税金を納めなければいけないシステムとなっており、高所得者の人にとってはいつでも悩みのひとつになってきます。 高所得者の人は相応の知識や努力、そしてセンスがなければ、ビジネスで成功することは難しいでしょう。せっかく稼いだ自分の資産を守るためには、節税などのさまざまな対策が必要です。 ここではおすすめの節税方法と、特にメリットが大きい資産管理会社について詳しくご説明します。

事業承継戦略

数年前までは画期的であった事業でも、時代の進化と共に需要が減ってしまい「売上が落ち込む」などの問題を抱える企業が多くあるでしょう。この問題を打開するための改善策のひとつに「事業の多角化」が挙げられます。 「多角化」とは、本業や主力事業とは別の新しい業界や分野で、新事業やサービスを展開しながら、経営の安定化を図る戦略です。 ここでは、多角化戦略の成功事例や注意点について紹介します。

事業承継戦略

自動車業界は、日本の経済を支えている産業のひとつです。近年ではグローバル化やテクノロジーの進化などの影響により、業界全体が大きく変化してきています。 そんな自動車業界ですが、大規模な産業であるがゆえに、景気の浮き沈みなどが及ぼす影響は、自動車メーカーだけでなく関連産業など広範囲に渡るといえるでしょう。 この記事では、今後の自動車業界の動向や将来性などについて解説していきます。

事業承継戦略

インターネットの普及に伴い、多くの業界で大きな変化が起きています。出版業界もそのひとつで、ウェブメディアや電子書籍の出現により、出版会社が倒産したり、年々書籍の売上が減少したりしています。 出版業界は今後どうなっていくのでしょうか。この記事では、出版業界の現状と将来性のほか、小規模書店の生き残り戦略などについて紹介します。

事業承継戦略

日本の主要産業のひとつである水産業ですが、現在多くの課題を抱えています。水産業を営んでいる事業主や企業は、将来のためにもさまざまな課題を解決していかなくてはなりません。 この記事では、水産業が抱える課題の内容と、課題解決のために行うべきことについて紹介しています。特に不動産投資による「収益の安定化」は有効な手段ですので、経営者の方は参考にしてみてください。

事業承継戦略

社会情勢の変化や消費者のニーズの変化、インターネットやAI技術の発達などにより、各産業の構造が大きく変わってきています。 産業の中にはすでに衰退がはじまっている産業もあれば、これから衰退がはじまる可能性のある産業もあります。衰退産業では、今後生き残るための戦略を考えていく必要があります。 そこで、ここでは衰退産業が生き残るための6つの戦略をご紹介します。

事業承継戦略

近年、スマートフォンやパソコンの普及による影響で、「文房具の需要は減少傾向にあるのでは?」と思っている方もいるかもしれません。デジタル化が進む現代、文房具業界は今後の動向が気になるところではないでしょうか。 この記事では、デジタル化が進む現代において、文房具業界で実際どのような変化が起きているのかについて解説します。さらに、文房具業界の将来や、これからの対策についても紹介しますので、特に経営者の方は参考にしてみてください。