Latest Posts新着記事

相続戦略

不動産投資は賃料収入と大きな売却益を得られる投資ですが、マンションや一戸建て、店舗などさまざまな種類に分かれています。中でも最近では、区分所有権オフィスにも注目です。 区分所有権オフィスは、オフィスビルの1フロア・1区画単位を購入できる物件の総称で、相続税対策にも活用できます。 ここでは区分所有権オフィス投資が、相続税対策という視点でも選ぶべき理由などについてご紹介していきますので、節税を意識している方は特に参考にしてみてください。

不動産投資戦略

近年、個人の不動産投資はマンションなどの居住系物件だけではなく、高い資産価値と安定収入を得ることできる区分所有権オフィスへの投資が注目を集めています。区分所有権オフィスのリスクとその対応策について説明します。

不動産投資戦略

貸事務所業についてご存知でしょうか?不動産を所有し、それをオフィスとして貸し出す事業のことですが、法人の主事業を支える 安定した利益を確保できる方法として注目されています。 確かに、所有している不動産からの賃料による収入は魅力的ですが、 不動産は簡単に所有できるものでも無いし、空室リスクなどについても懸念されている方も多いのではないでしょうか。 ただ、実は今、貸事務所業は注目のビジネスで、企業の利益の安定化のためには欠かせない手法となっています。 2019年現在、業種別老舗企業のランキング1位は「貸事務所業」となっており、さらに、 だれもが知っている大手企業でもメインの事業とは別に不動産関連の事業を展開することで、企業の収益を底上げしています。

不動産投資戦略

不動産で新たな収入を得るのは、個人に限った話ではありません。法人の不動産投資もさまざまな理由から注目されています。そんな不動産投資の中でも、区分所有権オフィス投資について、法人が参入するべき理由とそのメリットを紹介します。

不動産投資戦略

区分マンションの投資は、不動産投資の中でも資金ハードルが低く、個人で運用を行っている人も多くいます。家賃収入に対する不労所得が得られるという「メリット」が魅力的な一方で、空室リスクなどの「デメリット」も把握しておく必要があります。 ここでは、区分マンションに投資を行うメリット・デメリットについて詳しく紹介しています。また「区分マンション」と「区分所有権オフィス」の投資における違いなど、不動産投資を始めるうえで、確認したい情報をお伝えしています。

不動産投資戦略

一部の例外を除き、どんな企業でも事業を行うためには拠点となる事務所が必要です。事業規模や事業内容によっては、賃貸で家賃を支払い続けるよりも、購入の方がメリットの多い場合があります。 この記事では、事務所を購入するメリットやデメリットについて紹介します。それとあわせて、近年新しい不動産投資として注目されている「区分所有権オフィス」についても解説しますので、こちらも参考にしてみてください。

不動産投資戦略

不動産投資といえば、株やFXなどと比べると、その高い安定性が魅力といえる投資対象です。しかし不動産投資は安定している反面、いざ売却が必要となった際は、現金化までに時間がかるというデメリットがありました。 しかし、現在不動産投資市場で注目されつつある「区分所有権オフィス」の場合、従来の不動産売却よりも現金化までが早いといわれています。 この記事では、「区分所有権オフィスの現金化が早い理由」について解説をします。それと併せて、不動産売却時にかかる税金や費用なども紹介しますので、不動産投資や所有物件の売却を考えている方は参考にしてみてください。

不動産投資戦略

不動産投資を計画している方の中で、オフィス投資を検討の一つに入れている方もいらっしゃるでしょう。オフィスの一棟投資の場合は億単位の費用が必要ですが、区分所有権オフィスであれば必ずしもそうではありません。 しかし、具体的にはどのような投資なのか分かりにくいため、始めにくいと感じる方も多いのではないでしょうか。ここでは区分所有権オフィス投資の基本をはじめ、投資メリットとデメリットについて分かりやすく解説します。