Latest Posts新着記事

不動産投資戦略

相続税対策など、節税目的で自社ビルを購入することがありますが、これは企業にとって必ずしもプラスに働くわけではありません。節税目的で自社ビルを購入する問題点と対策について考えてみましょう。

不動産投資戦略

会社の業績が上がってくると、一度は検討することになるであろう「自社ビル」。自社ビルを所有することで、会社としての価値や信用が向上するなどのメリットがあります。しかし、自社ビルの購入にはさまざまなデメリットも付きものです。 一方、近年では「区分所有権オフィス」という、新しいオフィス空間の購入に注目が集まっています。 ここでは、自社ビルの購入に関連する「メリット・デメリット」と区分所有権オフィスが注目されている理由について紹介します。

不動産投資戦略

不動産投資は、入居者がいる限り継続して収入を得ることができる投資方法です。不動産会社などに管理を委託したり、不動産会社とサブリース契約を結んだりすることによって、管理も不動産会社に任せることができます。しかし、メリットばかりではありません。 不動産投資にもいくつかのリスクがあります。ここでは、不動産投資をする前に知っておきたいリスクとリスクを回避するための対策をみていきましょう。

不動産投資戦略

少子高齢化による人口減少の影響で、地方では不動産価値の低下が加速しています。不動産投資で長期にわたって安定的に収益を確保するには、所有する物件のエリアが重要です。 不動産投資を始めるなら、投資先のひとつとして需要の高いオフィスビルの区分所有をおすすめします。 ここでは、不動産投資でエリア選びの重要性や理由について触れながら、近年注目されている区分所有権オフィスの所有について紹介しています。

不動産投資戦略

医師にとって不動産投資は、メリットが大きい投資先のひとつです。しかし、多忙という理由から、本格的に投資に取り組むことができない医師も多いのではないでしょうか。 ここでは、医師が不動産投資を行うメリットに加えて、管理ができない場合でも安心して任せられる不動産業者選びのポイントについて紹介しています。

不動産投資戦略

不動産投資のビジネスモデルとして、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」という二つの収益構造があります。 この記事では、不動産投資における2つのビジネスモデルの解説と併せて、区分マンション投資や区分所有権オフィス投資の特徴についても紹介します。

不動産投資戦略

将来の資産形成、節税など、さまざまな目的に不動産投資は活用できます。いずれにしても、共通するのは不動産所有によって資産を増やすことでしょう。不動産投資の利益を計算する方法として重要なのが、「損益分岐点」です。今回は、損益分岐点のしくみと物件選びのポイントについて解説していきます。

不動産投資戦略

不動産投資のために購入した物件を自分で管理することはできます。しかし、ほかに本業を持っている方も多く、ほとんどは管理会社に委託する形式をとっていることが多いでしょう。 不動産の管理をほかに任せるのであれば、サブリースという方法もあります。どのような形態なのか、ここではメリット、デメリットを含め解説していきます。

不動産投資戦略

現物の不動産を購入して運用する不動産投資にはさまざまなタイプがありますが、一般的なのはマンション一棟を丸ごと購入する方法ではないでしょうか。ここでは、不動産投資のうち一棟投資とはどういった方法なのか、メリットやデメリットも交えながら紹介します。

不動産投資戦略

CRE戦略とは、企業が保有する不動産の管理・運用について経営戦略の視点から適切な見直しを行うことで、不動産の効果や利益を最大限に引き出し、企業価値を向上させていく取り組みのことです。 CRE戦略の重要性が認識されつつある一方で、CRE戦略が従来よりも重要視されるようになった背景や、戦略を実施することによる具体的なメリットについては曖昧な認識である場合も少なくありません。 そこで今回は、CRE戦略が企業にとって重要となる理由や、戦略を実施する数々のメリットを詳しく解説していきます。

不動産投資戦略

日本企業において資産のうち不動産は大きな割合を占めるとともに、不動産業でなくとも、不動産の運用は事業における大きなインパクトを生み出します。しかし、日本では同業種の欧米企業に比べて不動産の運用効率がかなり悪いとされています。 つまり、国内における差別化戦略においても、グローバルにおける国際競争力の強化においても、不動産の運用は大きな戦略上の意思決定の一つと言えます。そこで今回は、不動産運用の戦略であるCRE戦略についてご紹介します。「CRE戦略について興味があるけど具体的な詳細が分からない」という経営者の方は、この記事を参考にして経営に役立ててみてください。

不動産投資戦略

個人や法人が本業以外に利益を得る方法のひとつに挙げられるのが、不動産投資です。これは不動産の所有などに関連する投資のことで、その収益は2種類あります。それぞれどういったもので、安定性を求めるならどちらの収益が有効か、詳しく解説していきましょう。

不動産投資戦略

不動産投資をする際は、空室率や家賃、築年数などの条件面も大切ですが、投資をするエリアにこだわることも重要です。 そこで、人材や資産が集中する都心部で不動産投資をするメリットについてまとめました。都心部だからこそできる不動産投資、「区分所有権オフィス投資」についても合わせてご説明します。

不動産投資戦略

不動産投資として、事業者などから多くの関心を集めているのがビル経営です。その魅力は、「安定して継続的な収入が得られる」という部分だけではありません。費用面をはじめ、ビル経営ならではのメリットがあります。 この記事では、ビル経営のメリットとデメリットについて解説していきます。 それとあわせて、従来のビル経営よりもコストやリスクを抑えることができる「区分所有権オフィス」についても紹介していきます。

不動産投資戦略

継続的な収入が得られることで、注目を集めているマンション一棟買い。家賃収入が期待できる一方で、投資案件としてはリスクが高くなります。安定的な収入を生み出し続ける投資とは、一概にはいい切れません。 ここでは、マンション一棟買いのリスクを解説しながら、そのリスクを回避するための方法を紹介します。マンション一棟買いの代わりに、魅力的なリターンが得られる不動産投資を取り上げます。リスクを最小限に抑えて、リターンが得られる不動産投資を学んで行きましょう。

相続戦略

不動産投資は賃料収入と大きな売却益を得られる投資ですが、マンションや一戸建て、店舗などさまざまな種類に分かれています。中でも最近では、区分所有権オフィスにも注目です。 区分所有権オフィスは、オフィスビルの1フロア・1区画単位を購入できる物件の総称で、相続税対策にも活用できます。 ここでは区分所有権オフィス投資が、相続税対策という視点でも選ぶべき理由などについてご紹介していきますので、節税を意識している方は特に参考にしてみてください。

不動産投資戦略

近年、個人の不動産投資はマンションなどの居住系物件だけではなく、高い資産価値と安定収入を得ることできる区分所有権オフィスへの投資が注目を集めています。区分所有権オフィスのリスクとその対応策について説明します。

不動産投資戦略

貸事務所業についてご存知でしょうか?不動産を所有し、それをオフィスとして貸し出す事業のことですが、法人の主事業を支える 安定した利益を確保できる方法として注目されています。 確かに、所有している不動産からの賃料による収入は魅力的ですが、 不動産は簡単に所有できるものでも無いし、空室リスクなどについても懸念されている方も多いのではないでしょうか。 ただ、実は今、貸事務所業は注目のビジネスで、企業の利益の安定化のためには欠かせない手法となっています。 2019年現在、業種別老舗企業のランキング1位は「貸事務所業」となっており、さらに、 だれもが知っている大手企業でもメインの事業とは別に不動産関連の事業を展開することで、企業の収益を底上げしています。

不動産投資戦略

不動産で新たな収入を得るのは、個人に限った話ではありません。法人の不動産投資もさまざまな理由から注目されています。そんな不動産投資の中でも、区分所有権オフィス投資について、法人が参入するべき理由とそのメリットを紹介します。

不動産投資戦略

区分マンションの投資は、不動産投資の中でも資金ハードルが低く、個人で運用を行っている人も多くいます。家賃収入に対する不労所得が得られるという「メリット」が魅力的な一方で、空室リスクなどの「デメリット」も把握しておく必要があります。 ここでは、区分マンションに投資を行うメリット・デメリットについて詳しく紹介しています。また「区分マンション」と「区分所有権オフィス」の投資における違いなど、不動産投資を始めるうえで、確認したい情報をお伝えしています。