印刷業界は今後どうなる?業界で生き残るための解決策

近年、インターネットの普及によりメディアの在りかたが変化しました。特に紙媒体である新聞・雑誌・書籍の発行部数が減少したことは、印刷業界に多大な影響を与えています。 この記事では、「印刷業界の現状」と「今後の展望」、そして「印刷業界で生き残るための解決策」の3つについて紹介します。


この記事は約7分で読み終わります。

印刷業界の現状

現在の印刷業界では、「電子書籍の登場」や「インターネットの普及」「環境対策における紙の削減」などの影響により、業界全体の衰退が危惧されています。なぜ衰退していくと予想されるのでしょうか。詳しく解説していきます。

紙媒体の需要が減少

前述したように、近年の印刷業界は「WEB媒体」や「書籍などの電子化」などの普及により、紙媒体の需要が減少傾向にあります。印刷業界そのものが危機的状況に陥っているといっても過言ではありません。その背景となっている要因に、「インターネットによる情報通信の革命」や「タブレットやスマートフォンの普及」などがあります。

印刷物とは、「紙」というメディアに「読者が求める情報」を掲載したうえで、全国各地に流通させる媒体のことを指します。しかし近年では、それらの情報を流通させるメディアが電子化されており、さらにインターネットを通じて多くの情報を手軽に閲覧できるようになりました。

スマートフォンやタブレットの普及により、情報収集の場所を制限されることも少なくなりました。通勤・通学の時間や仕事場での休憩時間でも、気軽に気になる情報を調べることが可能です。メディアの急速な電子化が進んでいることも、紙媒体の発行部数が減少傾向へとつながる大きな原因だといえるでしょう。

さらには、天然資源の枯渇や環境問題への配慮からも、紙の削減を推奨する動きが高まっており、今後はさらなる印刷業界の衰退が予想されています。

大手2社の寡占が続き、中堅以下は厳しい状況に

近年の印刷業界は、大手印刷会社の寡占状態が続いているなか、中堅以下の企業は厳しい状況に置かれているといえます。とくに、「印刷機械」などの高固定費を抱える中堅企業は、経営上で苦戦を強いられているといえるでしょう。

経営難に苦しむ業者が増えていることもあり、印刷業者間の買収が相次いで行われています。また、既存の印刷事業だけでは今後の収益向上が期待できないと踏み、「電子書籍への対応」や「事業の多角化」を検討する印刷会社も多いです。

大手印刷会社のなかには、印刷業のみにとどまらず、海外企業の買収などを通して幅広い事業を展開するというケースもあります。大手の影響により、今後は「印刷業者の海外進出」や「印刷業者間の買収」も増加すると予想されるでしょう。

また、「印刷業界の衰退」が懸念されているなか、ベンチャー企業が計画しているインターネットを活用した新しいビジネスモデルでの参入が話題を集めています。新しいビジネスモデルについては、以下のような内容に分類することができます。

・デジタル化
「印刷工程や管理方法のIT化」や「ITを駆使したマーケティング戦略」の実施

・高機能化
従来の「紙印刷」だけではなく、「包材」「建材」「ガラス」などへの印刷を現実化する

・ソリューション化
「顧客の集約」や「分析が難しい情報」のソリューション化

目次へ

印刷業界の今後の展望は

今後の印刷業界は、「企画力」もしくは「低コスト」を追究する2種類の企業に二極化すると予想されています。また、印刷前工程の「企画」や「デザイン」を提案するといったようなサービス展開を計画している印刷業者も増えていくでしょう。

したがって、その際に必要な技術である「斬新な企画力」や「美しい色彩再現力」などを、あらかじめ身に付けておくことが大切です。

そして、このような技術のなかでも、もっとも重要となる能力のひとつが「美しい色彩再現力」です。たとえば、「電子デバイス」と比較した場合、より高度な「色彩再現力」を有することによって、美術品などのカタログ印刷を受注することが可能になるでしょう。

さらに、「自動車産業」や「航空機産業」などの色彩が複雑になる業界においては、美しい印刷技術が求められる特徴があります。

また、印刷業界の今後の展望として、もっとも効果的だといわれている経営計画のひとつに、小ロット印刷の需要をうまく取り込む方法があげられます。「小ロット印刷」とは、少ない部数を印刷する方法のことです。

小ロット印刷を取り入れるメリットとしては、「急な印刷オーダーにも対応可能なこと」や、「定期的なデザイン変更に適していること」があげられます。パソコンからデータ送信することで印刷が行えるオンデマンド印刷を適用することで、従来の印刷原版を作成する工程が必要となるオフセット印刷と比べても、印刷コストを抑えることが可能です。

目次へ

印刷業界で生き残るための解決策

近年、印刷業界の不況が続くなか、「厳しい状況を生き残るにはどうしたらよいのか?」と悩む経営者も多いことでしょう。ここでは、「印刷業界で生き残るための解決策」を3つ紹介します。

専門性を強みにする

印刷業界で生き残るための解決策として、もっとも有効な方法のひとつに「専門性を強みにする」といった打開案があります。具体的な内容としては、「特殊印刷に特化する」や「電子よりも高度な色彩を再現する」「どこよりも安価で品質のよい印刷物を納品する」などといった方法を実践するとよいでしょう。

なかでも、もっとも効果的な方法が「どこよりも安価で品質のよい印刷物を納品する」ことでしょう。現地点で提供している印刷単価を引き下げることによって、より多くの人が気軽に印刷を依頼しやすくなります。

ここで、もっとも大切なキーポイントとなるのが「少部数の低価格」です。発注依頼が少ない小ロット案件を低価格に設定することで、「今までは、印刷部数が少なかったこともあり、コスト削減のために自社で印刷を行っていた製造業や小売業」などのニーズに合わることが可能です。

紙の印刷に付加価値を与える

印刷業界で生き残るための解決策として、「専門性を強みにする」のほかに「紙の印刷に付加価値を与える」といった方法もあります。現代社会では、紙媒体で提供できる情報に限界があるため、「紙媒体とインターネットを融合させた情報」の伝達方法を確立することが重要なポイントとなります。

また、印刷物を通したソリューションを行うことも、深刻な事態に陥った印刷業界で生き残るための解決策といえるでしょう。そのためには、自社メディアを構築させることが必要となってきます。

たとえば、チラシ印刷を受注している印刷業者は、「新聞記事の作成」や「ポスティング」など、読者が求める情報を配布するためには、他社の力を借りなければなりません。しかし、自社の「配布ルート」を確保することによって、独自性が生まれるうえ、「記事の作成」から「情報配布」までの工程をすべて自社内で完結することが可能です。

新規事業を展開する

「新規事業を展開する」といった企業戦略も、印刷業界で生き残るための解決策として有効な手段だといえます。たとえば、「産業資材の印刷を積極的に行う」や「電子コンテンツを展開する」「エレクトロニクスに印刷技術を応用する」などの新規事業内容が効果的であるといわれています。

したがって、印刷業だけに専念するのではなく、他分野の業種にまで視野を広げたうえで、今後の企業展開に貢献できると判断した事業に参入することも、厳しい印刷業界を切り抜ける有効な回避策です。

印刷業を営んでいる経営者のなかには、不動産運用を検討している人も多くいます。

タマホームの提供する区分保証オフィス™なら、サブリース契約により物件の管理を専門家へ一任できるため、本業である印刷業への影響はほとんどありません。また、「空室リスクの回避」「確定申告を簡単に済ませられる」「入居者とのやり取りが不要」といったことも大きなメリットです。

タマホームの所有物件は、東京都心部の主要エリア5区「千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区」を中心とした中規模オフィスビルになります。これらはバリューアップ工事を施されているので、オーナー様にはハイレベルなオフィスビルを提供することが可能です。
いずれも山手線の内側にあるため利便性に優れており、そういった事情から物件の資産価値も安定しているのが特長だといえるでしょう。

新規事業を検討中の経営者の方は、タマホームの区分保証オフィス™もぜひ検討してみてください。

目次へ

まとめ

印刷業界は、「WEB媒体」や「書籍などの電子化」の急速普及により、紙媒体の需要が減少傾向にある影響で、危機的状況に陥っているといえます。

そのため、印刷業界の不況を乗り切るための解決策をあらかじめ押さえておくことが重要になります。

新しく画期的な新規事業を展開し、厳しい現状に陥った印刷業界を乗り切りましょう。

 

タマホーム㈱では、ご自宅で顔を見ながら商品説明、ご商談ができる、オンライン商談を導入致しました。
お客様のご準備として、パソコン、タブレット、スマホどれでも可能です。
音声は電話で、画像は双方のデバイスで共通の画面を見ながらお話ができます。一度、お試し下さい。
ご予約、お問い合わせは当ホームページ「お問い合わせ」よりお願い致します。