Latest Posts新着記事

事業承継戦略

経営者の相続対策は、事業をいかにして次世代に承継するかに加えて、個人の財産を相続させることも考える必要があります。しかし … 続きを読む 社長の妻が強欲な義姉に決死の土下座…果たして会社を守ることはできるのか?

事業承継戦略

経営者の相続対策は、事業をいかにして次世代に承継するかに加えて、個人の財産を相続させることも考える必要があります。しかし … 続きを読む 後継ぎ社長vs.古参社員、バトル勃発!社長の四十九日が修羅場に

事業承継戦略

経営者の相続対策は、事業をいかにして次世代に承継するかに加えて、個人の財産を相続させることも考える必要があります。しかし … 続きを読む 社長の座を譲って…先妻の子を会社から追い出す、継母の鬼畜

事業承継戦略

経営者の相続対策は、事業をいかにして次世代に承継するかに加えて、個人の財産を相続させることも考える必要があります。しかし … 続きを読む 夫急逝で悲しみに暮れる妻…さらに絶望へと叩き落す、税理士からのまさかのひと言

事業承継戦略

事業承継に併せて節税対策を実施したいという方は多くおられます。この場合に効果的な対処法は、会社の価値を低下させ、あえて株価を落とすという選択肢が有効です。この記事を通じて、事業承継の具体策や注意点、おすすめの投資法をご紹介します。

事業承継戦略

マンションや一戸建てなどを活用し、これから不動産投資を始めようと思ったとき、新築物件と中古物件のどちらを購入すればよいか悩むところです。 ここでは、新築物件と中古物件の比較を通じ、初心者が成功しやすい不動産投資の方法について紹介します。

事業承継戦略

ひとつの事業をしていると、社会情勢や顧客ニーズの変化など、さまざまなことが原因で事業が頭打ちになることもあります。その場合、既存事業の見直しも大切ですが、思い切って新規事業を始めることも、企業の成長には必要だといえるでしょう。今回この記事では、中小企業を飛躍させる新規事業の必要性や、その立ち上げ方について紹介します。

事業承継戦略

企業価値を高める戦略のひとつとして、「CRE(企業不動産)」が注目されています。ではなぜこのCREがいま注目されているのでしょうか。この記事では、CREの概要とCRE戦略を取り入れるメリットについて解説していきます

事業承継戦略

日本で年収3,000万円以上稼いでいる人の割合は、全体の0.2%と言われています。 日本の税制は稼いでいる人ほど、税金を納めなければいけないシステムとなっており、高所得者の人にとってはいつでも悩みのひとつになってきます。 高所得者の人は相応の知識や努力、そしてセンスがなければ、ビジネスで成功することは難しいでしょう。せっかく稼いだ自分の資産を守るためには、節税などのさまざまな対策が必要です。 ここではおすすめの節税方法と、特にメリットが大きい資産管理会社について詳しくご説明します。

事業承継戦略

数年前までは画期的であった事業でも、時代の進化と共に需要が減ってしまい「売上が落ち込む」などの問題を抱える企業が多くあるでしょう。この問題を打開するための改善策のひとつに「事業の多角化」が挙げられます。 「多角化」とは、本業や主力事業とは別の新しい業界や分野で、新事業やサービスを展開しながら、経営の安定化を図る戦略です。 ここでは、多角化戦略の成功事例や注意点について紹介します。

事業承継戦略

自動車業界は、日本の経済を支えている産業のひとつです。近年ではグローバル化やテクノロジーの進化などの影響により、業界全体が大きく変化してきています。 そんな自動車業界ですが、大規模な産業であるがゆえに、景気の浮き沈みなどが及ぼす影響は、自動車メーカーだけでなく関連産業など広範囲に渡るといえるでしょう。 この記事では、今後の自動車業界の動向や将来性などについて解説していきます。

事業承継戦略

インターネットの普及に伴い、多くの業界で大きな変化が起きています。出版業界もそのひとつで、ウェブメディアや電子書籍の出現により、出版会社が倒産したり、年々書籍の売上が減少したりしています。 出版業界は今後どうなっていくのでしょうか。この記事では、出版業界の現状と将来性のほか、小規模書店の生き残り戦略などについて紹介します。

事業承継戦略

日本の主要産業のひとつである水産業ですが、現在多くの課題を抱えています。水産業を営んでいる事業主や企業は、将来のためにもさまざまな課題を解決していかなくてはなりません。 この記事では、水産業が抱える課題の内容と、課題解決のために行うべきことについて紹介しています。特に不動産投資による「収益の安定化」は有効な手段ですので、経営者の方は参考にしてみてください。

事業承継戦略

社会情勢の変化や消費者のニーズの変化、インターネットやAI技術の発達などにより、各産業の構造が大きく変わってきています。 産業の中にはすでに衰退がはじまっている産業もあれば、これから衰退がはじまる可能性のある産業もあります。衰退産業では、今後生き残るための戦略を考えていく必要があります。 そこで、ここでは衰退産業が生き残るための6つの戦略をご紹介します。

事業承継戦略

近年、スマートフォンやパソコンの普及による影響で、「文房具の需要は減少傾向にあるのでは?」と思っている方もいるかもしれません。デジタル化が進む現代、文房具業界は今後の動向が気になるところではないでしょうか。 この記事では、デジタル化が進む現代において、文房具業界で実際どのような変化が起きているのかについて解説します。さらに、文房具業界の将来や、これからの対策についても紹介しますので、特に経営者の方は参考にしてみてください。

事業承継戦略

フリマアプリの登場など、現在のリユース業界は好調と言われています。しかし、中小規模の店舗型リユースショップには、決して好調とは言えないケースも多くあります。 ここでは、リユース業界の現状と将来性について触れながら、経営戦略や新規事業の参入など、将来に向けた対策などについてご紹介します。

事業承継戦略

一般的に、不動産投資は堅実な副業というイメージがあります。 会社勤めのサラリーマンに限らず、法人である中小企業にとっても、本業以外の収入を得ることができる不動産投資は魅力的な事業だといえるでしょう。 今回は、不動産投資における「オフィス」と「レジデンス」の違いや、それぞれのメリット・デメリットなどについて紹介します。記事後半では区分所有権オフィスを活用した経営戦略についても紹介していますので、経営者の方は参考にしてみてください。

事業承継戦略

社会情勢の変化や業績悪化などにより、中小企業が経営不振に陥ることがあります。また、過去にはリーマンショック・コロナの影響で数々の企業が経営不振となりました。これらを考えると思いがけないことがきっかけで経営不振というのは考えられます。経営不振から脱却・予防するためには、現在行っている事業の改善や、新規事業への参入などといった対策を講じる必要があるでしょう。 今回は、中小企業が経営不振になってしまう原因と、その改善策について紹介していきます。