実は将来が不安。税理士が生き残るための対策

税理士は安定した職業だといわれています。しかし、税理士の中には業界の将来に不安を感じている方もいるようです。その理由は、「今後はAIなどの技術革新が税理士業界にも影響を与える」と考えられていることが大きいでしょう。 今回は、税理士が生き残るための対策について詳しく解説します。


この記事は約7分で読み終わります。

税理士には将来性がある?今後の需要について

税理士試験の受験数が減少するなど、現在は税理士を目指す人は少なくなっているといわれています。これは、そもそも人口が減少していることもありますが、税理士の将来性を不安視している側面もあるのかもしれません。

この項では今後の需要など、税理士の将来性について考察をしていきます。

AIやRPAの出現で税理士の仕事がなくなる?

AI(人工知能)技術の発展などにより、さまざまな仕事で効率化や自動化が進んでいます。税理士の世界でも、今後はAIやRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)などの導入が予想されています。

RPAとは、AIや機械学習などの認知技術を使った、一定の仕事を自動化するためのソフトウェアロボットのことです。現在の会計ソフトのなかには、AIの学習機能により、領収書などから自動で仕訳を行えるものもあります。このように、AI技術は会計ソフトにおいても日々進歩をしています。

今後AIやRPAの導入でなくなるといわれているのは、記帳代行などの仕事と予想されるでしょう。現在のAI技術では、一定の簡単な作業しかできませんが、今後のさらなる技術開発により、複雑な作業もできるようになると予想されます。たとえば、企業が保存している会計帳簿などが正しいかどうかを監査する監査業務も、AIやRPAで簡略化されるといわれています。

税理士の需要は今後もなくならない

では、AIやRPAの出現で、税理士そのものの需要はなくなるのでしょうか。AIやRPAの技術開発が進み、低コストで企業が導入することが可能となった場合、記帳代行などの仕事を税理士に依頼することは少なくなるでしょう。

しかし、コンサルティング業務や節税相談をはじめ、経験や知識をもとにした相談や顧客対応などは、まだAIやRPAでは難しい分野です。そのため、税理士そのものの需要は今後もなくなることはないといえるでしょう。一方で、顧客に寄り添った対応をするためには、今までよりもさらに高いコミュニケーション能力が必要となります。

目次へ

税理士が生き残るための対策を3つ紹介

AIやRPAの出現により、今後は税理士の働き方も変わるでしょう。記帳業務や税務書類作成業務だけでは、業界で生き残ることは難しくなります。そのため、今後も税理士が生き残っていくためには、AIやRPAに対応できるようにしておく必要があります

その点をふまえたうえで、次は税理士が生き残るための対策について、代表的な3つを紹介します。

① AIなどを使いこなせるITスキルを備える

税理士が生き残るための対策のひとつ目が、AIやRPAなどを使いこなせるITスキルを備えることです。

今後は企業だけでなく、個人事務所の税理士などもAIやRPAを導入することになるでしょう。しかし、いくらAIやRPAが優れていても、それを活用できなければ仕事はできません。

また、中小企業や個人事務所の場合、大企業のように高度なITスキルを持った従業員を雇っているケースは多くありません。そういった理由からも、AIやRPAを制御できる、ある程度のプログラミングスキルも備えておきたいところです。一定のITスキルがあれば、より仕事につながりやすくなるでしょう。

② 高いヒューマンスキルと専門性を備える

ふたつ目の対策が、高いヒューマンスキルを備えることです。前述したように、AIやRPAの出現により、コンサルティング業務などの顧客対応が多くなってくると予想されています。顧客対応には、高いコミュニケーション能力が必須です。

この分野はまだAIやRPAでは難しく、人間ならではのスキルが活かせる業務だといえるでしょう。もちろん、高いヒューマンスキルを持つことは、クライアントとの信頼関係の構築においても必要不可欠です。

また、信頼関係の構築には、高い専門性を備えることも重要です。相続や国際税務、M&Aなど、「この税理士に、この専門分野のことを相談すれば、的確な答えを得られる」と、周囲や顧客から高い評価と信頼を得ることができれば、仕事は増えていくでしょう。

③ 副事業で本業の収益を安定させる

最後は、副事業で本業の収益を安定させるという方法です。本業である税理士の仕事を行いつつ、副事業で安定した収入を得ることも、生き残るための戦略といえるでしょう。

税理士によっては、副業として株やFXなどの投資事業を行うケースもあります。しかし、前述したように、本業を支えるための安定収入が目的の場合、ハイリスクハイリターンの株などよりも、リスクの低い事業がおすすめだといえるでしょう。

では、「本業には支障をきたさない、かつ、なるべく手間のかからない低リスクの事業」とは何でしょうか。定番は、やはり不動産投資です。

不動産投資は、資金さえあれば特別な資格などは必要なく、管理・運営は管理会社にアウトソーシングすることができます。また、ローリスク・ロングリターンで手間がかからないため、経営さえうまくいけば収益の安定化につながりやすい事業です。税理士のように、高収入で多忙な士業の副業として最適だといえるでしょう。

目次へ

副事業に貸事務所業

ひとくちに不動産投資といっても、さまざまな種類があります。一般的にはマンションやアパート経営が広く知られていますが、より安定収入を目指すのであれば、法人を対象とした貸事務所業がおすすめです。

法人を対象とした不動産投資

アパートやマンションは住居用としての賃貸ですが、貸事務所は法人を対象とした不動産投資です。賃借人が法人であるため、外的要因に左右されにくく安定した成長を見込みやすいというメリットがあります。

不景気による顧問先の倒産や、社会情勢の変化などで、一時的に税理士業の収入が減少したとしても、貸事務所業の収益があれば本業の経営をフォローすることも可能です。

貸事務所業なら「区分所有権オフィス」

しかし、貸事務所業を行おうにも、ビル一棟を購入するのであれば投資には多額の資金が必要です。そのため、初心者にとって不動産投資はハードルが高いイメージがあるかもしれません。しかし、「区分所有権オフィス」であれば、一棟よりも低いハードルで物件を購入することができます。

区分所有権オフィスとは、オフィスビル一棟ではなく、オフィスビルの1フロアを商品化した不動産投資のことです。オフィスの一部を取引するため、ビル一棟を買うよりもコストが低く、購入のハードルが低いことが特長です。

当社タマホームでは、区分保証オフィス™を扱っています。物件の管理業務はオーナー様が自ら行う必要はありません。信頼できる専門家へ一任するので、貸事務所業の知識がなくても大丈夫です。サポートを行う担当者は、貸事務所業の経営についてしっかり熟知していますので、副業としての利用についても最適なアドバイスを行えます。

タマホームで取り扱っている物件は、資産価値が落ちにくいエリアである東京5区(千代田区・渋谷区・中央区・新宿区・港区)の中規模オフィスビルです。このエリアはオフィス需要が高いエリアなので、必然的に空室リスクも低く、安定収入を実現しやすいことが利点です。本業をフォローするための不動産投資としては最適だといえるでしょう。

⇒企業の財務体制を安定化するタマホームの「区分保証オフィス™」についての資料はこちら

目次へ

まとめ

AIやRPAの出現で、今後の税理士業界には、大きな変化が起こる可能性があります。今後、税理士が生き残っていくためには、AIなどを使いこなせるITスキルや、高いヒューマンスキルを備えていかなくてはなりません。

それと同時に、本業とは別の副業で安定収入を得ることも戦略のひとつといえます。なかでも貸事務所業をはじめとした不動産投資は、安定収入を実現しやすいのでおすすめです。

これからも税理士として不安なく仕事を続けるためにも、実務から経営まで幅広い視点で対策を行ってくことが大切だといえるでしょう。

タマホーム㈱では、ご自宅で顔を見ながら商品説明、ご商談ができる、オンライン商談を導入致しました。
お客様のご準備として、パソコン、タブレット、スマホどれでも可能です。
音声は電話で、画像は双方のデバイスで共通の画面を見ながらお話ができます。一度、お試し下さい。
ご予約、お問い合わせは当ホームページ「お問い合わせ」よりお願い致します。