【不動産業界の今後】現状と課題を徹底解明!

投資商品にはさまざまなものがありますが、特に安定収入を期待できるのが不動産投資という分野です。 しかしいくら不動産投資が安定しているといっても、まずは不動産業界の現状がどうなっているのか確認しておきたいと考えるのが普通です。 そこで、今回は不動産業界の現状や課題をふまえつつ、今後の不動産業界について考察を行ってみました。これから不動産投資を考えている方は参考にしてみてください。


この記事は約6分で読み終わります。

不動産業界の現状

不動産投資を考える際に重要なのが、不動産業界の現状を理解しておくことです。不動産業界は今、好調だと聞いたことがある人は多いでしょう。
では、実際はどうなのでしょうか。ここでは、データ面などから不動産業界の現状について紹介していきます。

データでみる不動産業界

昔から土地や建物などの不動産は、人の生活においてとても重要なものです。
そのため、バブル期などでは、不動産の取引がとても活発に行われていました。バブルが終了した後は、一時的に不動産取引が減少することもありましたが、近年は市場が活気を取り戻しつつありました。

財務省の「法人企業統計調査」によると、令和元年において、不動産業界は国内でも上位に位置する規模を誇る一大マーケットです。また、その市場規模は大きく、39兆円を超えています。そこでは、誰もが名前を聞いたことのある大企業がトップシェアを争っています。

不動産市況に目を転じると、令和元年10月~12月の四半期において、非製造業の増収1位の業種は不動産業でした。また、政府の景気対策や日本銀行のマイナス金利政策の影響もあって、住宅ローンは低金利を推移しています。その影響もあってか、新築住宅の着工数もここ数年増加傾向にありました。

しかし、2020年2月以降、日本でも新型コロナウイルス感染症の流行が拡大し、国内はもとより世界経済の先行きが読めない状況になっています。不動産業界にもどのような影響が及ぶか、見通しを立てるのが難しいといえるでしょう。

五輪と不動産業界

2020年7月、日本では東京五輪が開催されるはずでした。そして五輪の開催に合わせて、都市部の開発が進み、株価も上昇傾向にありました。

また、五輪に向けて土地を買いたい人が増加し、需要が伸びたことで売りたい人も増加し、それが不動産業界全体の好調を下支えする状況だったといえるでしょう。特に、五輪の会場となる湾岸エリアなどは価格が上昇しています。

しかし、新型コロナウイルスの影響で、東京五輪の開催が1年延期されてしまいました。そのため、新型コロナウイルスの状況によっては、今後は不動産の取引が減少する可能性があります。ウイルスという予測不能の事態によって延期された東京五輪が2021年に開催できるのか、今のところ不透明です。

目次へ

不動産業界の課題

ここまでは、不動産業界の現状について解説を行いました。東京五輪などによる需要の増加で、データで見る限り不動産業界の現状は、今のところは好調といえるでしょう。

しかし、課題はゼロというわけではありません。ここでは、不動産業界の将来的な課題について紹介します。

将来的な課題その①

不動産業界の将来的な課題のひとつが、人口減少と高齢化です。これからの日本は人口減少と高齢化がますます進むことが考えられます。実際、2005年と比べて、30年後の2035年の日本の総人口は1,700万人減少するのではないかというデータもあります。

人口が減少するということは経済が縮小するだけでなく、不動産の需要も減少することを意味します。特に、人口減少や高齢化の進む地方においては、これから空き部屋や空き家が増える可能性もあるでしょう。また、不動産投資にとって重要となる、賃貸への需要も大きく減少してしまうかもしれません。

将来的な課題その②

不動産業界の将来的な課題において、より近い将来で起こりうると考えられるのが、東京五輪の後の景気の停滞です。

東京五輪は2021年に延期となりましたが、仮に2021年に予定どおり開催されたとしましょう。このタイミングで経済が停滞すると考えられています。
もちろん政府も、東京五輪終了後の経済が停滞しないように、さまざまな施策を行うことが考えられますが、それでも、不動産関連の株式の価格が暴落する可能性はゼロではありません。

また、現在の不動産業界の好景気は、海外の投資家が支えているという意見もあります。海外の投資家は、東京五輪終了後にマンションの売却をする可能性があります。あわせて、過剰なマンション建設により、マンション価格の下落や不動産関連の株価の下落が起こる可能性があります。

目次へ

今後の解決策として区分所有権オフィスがおすすめ

このように、不動産業界では人口減少など将来的な課題があります。
では、不動産投資は控えた方が良いかというと、そうではありません。実は、これらの課題には解決策があります。そのひとつが区分所有権オフィスです。

ここでは、今後の解決策としての区分所有権オフィスについて紹介します。

今後の解決法を考えていくと……

一般的な不動産投資といえば、マンションやアパートなどの一棟購入です。
しかし今後の人口減少や少子高齢化により、マンションなどでは空き部屋問題が出てくることが考えられます。また、マンションを一棟購入するとなると、購入のためのコストが多くかかり、準備する資金も多く必要です。そのため、マンションの一棟購入はハイコスト、ハイリスクであり、今後の課題解決には結びつきません。

そういった事情をふまえた場合、課題解決の手段として最適なのが区分マンションへの投資です。
区分マンションとは、マンションを一棟まるまる購入するのではなく、フロアや部屋ごとに区分して、その1フロアの区分を購入するというものです。この方法なら、購入コストを下げることができます。
しかし、区分マンションでは、人口減少などで起こる空き部屋問題の解決にはなりません。

そこでおすすめなのが、区分所有権オフィスです。建物の区分購入を考えるなら、マンションではなくオフィスを購入します。
区分所有権オフィスとは、法人などに賃貸するオフィスを区分で所有する投資物件のことです。法人のオフィスとして賃貸するため、住居用のマンションと異なり、人口減少の影響を受けることは少なくなります。そのため、マンション空室リスクは低いといえるでしょう。
さらに法人を対象としているので、マンション経営よりも安定収入が期待できる点も魅力的です。

また、区分所有権オフィスは需要が多く、流動性が高いため、短期間で売却できるというメリットもあります。万が一大きな資金が必要な場合は、区分所有権オフィスを売却することで、資金を用意することが可能となります。

区分所有権オフィスの契約に最もおすすめするのはタマホーム

区分所有権オフィスについて考えるのであれば、タマホームの「区分保証オフィス™」がおすすめです。
タマホームが取り扱う物件は、東京5区(千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区)のオフィスが中心になります。都心部の人気商業エリアなため需要が高く、人口減少による空き部屋などの問題に困ることはありません。
ぜひ、タマホームの取り扱う区分保証オフィス™をご検討ください。

区分保証オフィス™についてはこちら

目次へ

まとめ

不動産業界は増収が続いており、好調といえます。しかし、人口減少や少子高齢化の影響や、東京五輪の終了などの影響のため、今後の課題がないとは言いきれません。

今後の課題を解決するためには、購入のハードルが低く、人口減少による空き部屋などの問題に困ることのない区分所有権オフィスがおすすめです。
タマホームでも、高い収益性と安定した収入が手に入る区分保証オフィス™を行っています。区分所有権オフィスの購入をお考えの場合は、ぜひ一度ご相談ください。

タマホーム㈱では、ご自宅で顔を見ながら商品説明、ご商談ができる、オンライン商談を導入致しました。
お客様のご準備として、パソコン、タブレット、スマホどれでも可能です。
音声は電話で、画像は双方のデバイスで共通の画面を見ながらお話ができます。一度、お試し下さい。
ご予約、お問い合わせは当ホームページ「お問い合わせ」よりお願い致します。