水産業の抱える課題について

日本の主要産業のひとつである水産業ですが、現在多くの課題を抱えています。水産業を営んでいる事業主や企業は、将来のためにもさまざまな課題を解決していかなくてはなりません。 この記事では、水産業が抱える課題の内容と、課題解決のために行うべきことについて紹介しています。特に不動産投資による「収益の安定化」は有効な手段ですので、経営者の方は参考にしてみてください。


この記事は約7分で読み終わります。

水産業の抱えている課題

水産業とは、水産加工業や養殖業だけでなく、漁業なども含めた幅広い総称になります。

水産業は世界的に見た場合、成長し続けている産業です。しかしそれは海外の国に当てはまることであり、我が国の水産業は現在衰退傾向だといえるでしょう。その原因の背景には、日本の水産業が抱えている多くの課題があります。

まずは水産業の抱えている代表的な課題について見ていきましょう。

漁業生産量の減少

水産業の抱えている課題で最も深刻となっているのが漁業生産量の減少です。かつては世界一の水産大国だった日本も、現在では諸外国に比べて大きく衰退しています。ここ数十年の間で、世界の漁業・養殖業を合わせた生産量は増加しているのに対し、日本は大幅に減少してしまっています。

日本の漁業生産量が減少した原因ですが、これには「排他的経済水域の設定」が大きく影響しています。排他的経済水域とは、自国の海から200海里の範囲内の地域のことで、この地域では水産資源を他国から排他的に保全できます。これにより、日本も他国の海で漁獲しにくくなりました
さらに、世界の魚介争奪戦で「買い負けた」ことなども原因のひとつです。

高齢化と後継者不足

どの業界にも言えることですが、少子高齢化や人口減少などにより、水産業全体の高齢化と後継者不足が進んでいます。特に、水産業では漁村から都会への若者流出が顕著です。水産業を行う若手がいなければ、今後ますます水産業の低迷が進むことは明らかです。

水産市場における問題意識の低さ

ここまで取り上げた課題は、すべて外的要因によるものでした。しかし、水産業の内的要因による課題もあります。それが、水産市場における問題意識の低さです。

水産市場は、やや保守的な業界だと言われています。もちろんすべての人が保守的というわけではありませんが、業界全体で見た場合、問題解決に取り組むケースは少ないと言わざるをえません。水産業の将来のためにも、新しいものを柔軟に取り入れる姿勢が重要です。

目次へ

日本の水産業を守るためにできること

水産業は、多くの課題を抱えていますが、その課題を克服していかなければ今後の業界全体の発展は難しくなります。

では、どのように課題を克服していけば良いのでしょうか。ここでは、日本の水産業を守るためにできることを紹介していきます。

資源管理をする

漁業生産量が減少しているなか、限りある資源を有効活用するためには、きちんとした資源管理を行うべきだといえるでしょう。既にノルウェーやアイスランドなどの諸外国では、資源管理を行い、乱獲により枯渇しかけていた水産資源の回復に成功しています。日本もノルウェーやアイスランドを見習い、積極的な資源管理を行う必要があります。

代表的な資源管理の方法として、インプットコントロール、テクニカルコントロール、アウトプットコントロールの3種類があります。

インプットコントロールとは…漁船の隻数や規模、漁獲日数等を制限するなどの「投入量規制」テクニカルコントロールとは…漁船設備や漁具の仕様を規制するなどの「技術的規制」
アウトプットコントロールとは…漁獲可能量を設定するなどの「産出量規制」です。

これら3つを並行して行うことで、効果的な資源管理を実現できるでしょう。

業界全体の意識を変える

資源管理とともに重要なのが、業界全体の意識を変えることです。水産資源の枯渇による漁業生産量の減少を防ぐためには、水産業に関わる各事業者が「限りある水産資源を次世代に残す」という意識を持つことが大切です

また、外部から水産業界に刺激を与えることも重要です。水産業以外の企業との関わりなど、外部要因がきっかけで業界の意識の変化が促されるケースもあります。業界全体の意識を変えるためにも、今まで水産業に関わっていなかった人や、若い世代や女性の漁師など、新しい視点を持った人材が参入しやすくなる環境づくりをすることが重要となるでしょう。

水産会社は収益の安定化を目指す

日本の水産業を守るためには、資源管理や業界の意識改革に目を向けるだけでは不十分です。水産業従事者の収益を安定させるのも重要なことだといえるでしょう。資源管理や意識改革は大切なことですが、業界を支える水産会社が廃業や倒産に追い込まれてしまっては本末転倒です。

では、どのように収益を安定させていけばよいのでしょうか。その方法のひとつが、「新規事業への参入」です。本業である水産業の収益が減少している状況において、他の事業から収益を得ることは効果的な経営戦略だといえるでしょう。

目次へ

経営の多角化なら貸事務所業が新規参入しやすい

前述したように、水産会社の収益を安定させるためには新規事業への参入といった「経営の多角化」も有効な手段になります。しかし、経営の多角化が必要といっても、何を始めたら良いのかわからないことも多いでしょう。そんな時おすすめなのが、貸事務所業です。

貸事務所業は、異業種からの新規参入のハードルが比較的低いというのが特長です。
ここからは、貸事務所業がおすすめである理由について紹介します。

不動産について知らなくても大丈夫

貸事務所業とは、事務所として使用できる不動産を所有し、その物件を第三者に賃貸することで、収益を得る事業のことです。

水産業などの異業種から新規参入する際は、「不動産についてあまり知識がないので、うまく経営できるのだろうか」という不安もあるかもしれません。しかし、賃貸経営が未経験でも、実際の運用を管理会社へアウトソーシングすることができます

専門家に依頼するので、知識不足で起こる問題といった、新規参入にまつわる経営リスクも低くなります。さらに、貸事務所業は対象が法人なので、外的要因に左右されにくいのも特長だといえるでしょう。なおかつ、毎月決まった収益が見込めるストック型ビジネスなので、リスク回避と収益向上を両方見込むことができます。

おすすめは区分所有権オフィス

貸事務所業を始める際に気になるのが、初期投資にかかる金額のことでしょう。その場合におすすめしたいのが、区分所有権オフィスです。区分所有権オフィスとは、オフィスビルの1フロアを商品化した不動産投資のことです。

1フロアなどビルの一部の取引なので、一棟よりも購入のハードルが低いというメリットがあります。初期投資の金額が低いため、自社資金の活用や金融機関からの融資が受けやすく、資金力や与信力を活用した低リスクの事業だといえるでしょう。

また、急にまとまった資金が必要となった場合も、一棟と比べて、区分所有権オフィスの方が売却したいときに買い手が見つかりやすいというメリットもあります。

タマホームの区分所有権販売事業

当社タマホームでも、貸事務所業の経営サポートを行っています。タマホームでは、ストック型ビジネスである貸事務所業について熟知しているので、経営の安定化についても的確なサポートを行うことが可能です。

タマホームが所有している物件は、資産価値が落ちにくいエリア(東京5区)にある中規模オフィスビルです。そのため、空室リスクも低く安定収入が実現しやすくなっています。収益の安定化のため、ぜひタマホームの区分保証オフィス™をご検討してみてはいかがでしょうか。

⇒企業の財務体制を安定化するタマホームの「区分保証オフィス™」についての資料はこちら

目次へ

まとめ

水産業には、漁業生産量の減少など様々な課題があります。そのため、資源管理などの対策を講じていく必要があります。しかし、資源量の回復を待つ間も、水産会社は収益をあげて経営を維持していかなくてはなりません。

そこで、本業とは別の事業から収益を得る「新規事業への参入」も効果的な戦略となります。その際は、継続的な収益が期待できる不動産投資がおすすめです。なかでも購入ハードルの低い区分所有権オフィスは、初めての不動産投資に最適だといえるでしょう。

当社タマホームでも、経営戦略に活用できる区分保証オフィス™を提供しております。不動産投資をお考えの場合は、ぜひ一度ご相談ください。

 

タマホーム㈱では、ご自宅で顔を見ながら商品説明、ご商談ができる、オンライン商談を導入致しました。
お客様のご準備として、パソコン、タブレット、スマホどれでも可能です。
音声は電話で、画像は双方のデバイスで共通の画面を見ながらお話ができます。一度、お試し下さい。
ご予約、お問い合わせは当ホームページ「お問い合わせ」よりお願い致します。