WHITEPAPER資料案内3:タマホーム「区分所有権販売事業」のユースケース3選!

「相続」「収益」「実需」に関心がある経営者必見!

少子高齢化と人口減少が急速に進む中、リスク回避しつつ

本業により注力できる環境を整えるためには、

継続的に収益が得られる「ストック型ビジネス」の導入が効果的です。

本資料では、3つのユースケースを紹介致します。

―目次―

1.「相続」に関する課題を解決

A コーポレーション(貸家業)家族経営

関西の 3 府県で複数のアパート、マンションを経営。

賃料収入は年間 3,000 ~ 4,000 万円程度。

2.「収益」に関する課題を解決

B カンパニー(アパレル商社)社員数 10 名

中国地方に拠点を持ち、全国のアパレルメーカーや問屋へ生地を販売。

2019 年の年商は約 7 億円。

3.「 実 需 」に関する課題を解決

C 産業(製造業)社員数 60 名

大阪に本社を構え、生活用品の企画開発・製造・販売を実施。

東京にもオフィスを展開。2019 年の売上高は約 60 億円。

 

資料ダウンロード